岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

ぎっくり腰の治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2017年10月29日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回はぎっくり腰の治療についてお話しさせていただきます。

 

寒くなってきましたね。

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

みなさんの体調もあまり良くなく、痛みが出てきている方も増えています。

特に最近はぎっくり腰で来院される方が多いです。

 

みなさんのお話を聞いていると共通点が見えてきます。

それは

1.痛める前から筋肉のコリや張りを感じていた

2.強く痛める前にピキッといった違和感を感じていた

3.違和感を感じた後も仕事や家事を続けた

4.前屈みになった時に痛めた

このようなお話を聞くことが多いです。

 

ここで大事なことがいくつかあります。

 

まず、筋肉のコリや張りを感じていたということに関してですが、日頃の疲労や冷え、同じ姿勢が続くなどで起こる症状です。なので、出来るだけこのような事に気をつけてくださいね。

 

次にピキッといった違和感を感じていたということに関して、この時すでにぎっくり腰が始まっているのです。

硬い筋肉は硬いゴムと同じで、強く、勢いよく引っ張ると切れてしまいます。

それと同じ事がみなさんの腰で起きていた、ということです。

前屈みになった時に腰の筋肉にキズがついたり、部分的に切れてしまっていたのです。

しかし小さなキズの場合、違和感を感じてもいつも通り動けてしまいます。

ですが次第にそのキズが大きくなり、結果としてぎっくり腰になってしまったのです。

大事なのは、違和感を感じた時に無理をせず、出来るだけ早く治療を受けるということです。

そうすればキズは小さいままなので、強い痛みのぎっくり腰にはならなかった可能性が高いです。

 

少しでも違和感を感じたら無理をせず、出来るだけ早く治療を受けに来てくださいね。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

ぎっくり腰の治療はこちら

 

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る