岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

スポーツ外傷でお困りの方は岩倉市の販ハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月12日

こんにちは岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院の沢田 侑希です!

新年度が始まって1カ月が経過いたしまし。新入生の学生の皆さんはそろそろ部活動が始まってくる時期ではないでしょうか?また暖かくなってきてランニングなどの運動を始められる方も増えてくるのではないでしょうか?

それに伴い増えてくるのがスポーツ外傷です!本日はスポーツ外傷についてお話します。

 

スポーツ外傷とは一般的にスポーツによるケガですが、捻挫や打撲など急に痛みが出たものを主に急性外傷と呼びます。これについてはいつ痛めたか、原因がはっきり自分でもわかることが多いです。疲労骨折やテニス肘、シンスプリントなどの繰り返しの弱い力が患部に加わることで痛みが出てくるものを亜急性外傷と言います。亜急性外傷というと聴きなれない言葉ですよね?簡単に言うと、使いすぎによる痛みやオーバーワークです。

スポーツにおいては捻挫などの急性外傷にも注意が必要ですが、このテニス肘などの亜急性外傷にはもっと注意が必要です!なぜなら使い過ぎの痛みは普段から使っている箇所を使いすぎてしまう事が原因なので、患部を休めてあげるということが難しいケースが多いです。部活動などにおいては部活動を休むことができず、患部を使い続けてしまう事で痛みがなかなか治らないということがおきてしまいます。

こういった痛みを取っていく為には、患部にかかる負担以上に患部に対する治癒力を高めてあげることが必要です。例えば患部の血流を良くする、患部に関係する筋肉をしっかり緩める、患部が炎症しないように冷やす、など痛む場所がこれ以上痛まないようにすると同時に次の日までに少しでも回復していかないとこの様な痛みはなかなか引いていきません。

 

上記のような外傷に対して当院では、ハイボルテージとマイクロカレントという電気を用いて治療を行います。ハイボルテージで炎症・痛みを引かせて、マイクロカレントで細胞を活性化させ自然治癒力を高めます。これにより一日のなかで患部にかかる負担よりも、回復力を上回らせることで患部を治していきます。

亜急性外傷は一回一回の負担は小さく痛みに気づきにくいです。スポーツにおいて体に違和感を感じた時点で、体に負担がかかっている証拠なので、痛みが強く出てくる前にハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

ハイボルテージこちら治療は

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る