岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

膝の痛みの治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2017年04月27日

こんにちは!岩倉市のハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

だんだん暖かくなって、冬よりも活動的になってきた人が多くなってきました。

それに伴い、畑や庭の草むしりをやって、肩や腰、腕が痛い人や膝が痛くなって来院される方も多くなっています。

暖かくなって喜んでいるのは草も一緒のようですね!

しゃがむという行動は、膝を深く曲げて体重をかけるので、膝関節に大きな負担をかけやすい動きです。しゃがんだまま横歩きをしたり、方向転換するのは大きな負担になるので控えてくださいね!

スポーツや転んで痛みが出ている場合は、傷めてしまった靭帯や筋肉の傷にハイボルテージという電気をかけることをお勧めします。痛みを和らげる電気と共に超音波をかけて、怪我の回復を促します。痛みが強いままにしていると、かばっている反対側の足や腰、つかまって歩くため肩や腕まで痛くなってしまう場合があります。痛い場所を増やさない為にもケガは早く治しましょう!

膝関節に変形がある場合ですが、膝の骨の変形は元にはもどりません。しかし、痛みの出にくい体に変えていくことはできます。

膝の痛みがある人は猫背になっている人が多いです。

猫背になると、太ももの斜め前の筋肉に力が入ります。そうなると、本来膝の中心に重心がかかるようにしたいのですが、内側にかかるようになります。

内側ばかりに負担がかかるようになり、内側が変形してしまうのです。

また運動などをするときには内側の筋肉を使うこともあるのですが、歩くときには内側の筋肉はほとんど使わない為に、運動不足の方は下肢の内側の筋肉が不足して内側の変形を進めてしまうことにもなります。

膝の関節をあまり使わない状態を長くしていると、筋肉の伸縮性が悪くなり、膝が曲がらなくなったり痛みがでやすくなり、体を左右に振るような歩き方になります。それがひどくなると夜中も痛みがでるようになります。

体重をかけて膝をトレーニングするのは負担が大きいので、ストレッチなどをすることも大切です。

負担のかかりやすい姿勢、骨格のままでは負担がかかりやすいので、姿勢、骨格骨盤を整えて、負担のかかりにくい体の角度に変えること、膝を支える筋肉をつけ、伸縮性のある筋肉に変えること、自力では使いにくい関節の奥の筋肉をを使いやすい状態にもっていくこと、全てを整えることで、痛みのでにくい体へ変わっていきます。

まずは自分の体がどのような状態になっているか、写真を撮ってチェックしてみましょう!

ハイボルテージ治療についてはこちら

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る