岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

夏休み×交通事故×ご注意を| 岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2018年08月8日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

暑さここに極まれり!いつまで続くかわからない猛暑・酷暑の中いかがおすごしでしょうか?

不要不急の用事でなければ外出は避けて体調の維持に努めましょう。

さて、夏休み真っ盛りのこの時期に気をつけたい事が暑さ以外にもあります。それが子どもの交通事故です。通常子どもの交通事故が起こる時間帯はおおよそ14〜18時が最も多くなります。それは、学校からの帰宅の時間帯と重なるためといわれています。しかしながら夏休みシーズンは登下校という決まったサイクルがなくなるため路上で子どもに遭遇する機会が増えて事故自体のリスクが限られた時間帯だけではなく分散してしまうのです。

つまり、想定外のタイミングと油断も相まって交通事故の発生が増加する傾向があるのです。渋滞を避けるための抜け道は往々にして一般の生活道路です。夏休みにおいてはその生活道路が子どもの遊び場だったりすることもあるので運転の際は注意を払う必要があるでしょう。

当院では交通事故の専門治療も行っております。症状の改善のため手技療法・ハイボルテージ治療を用いいて治療計画を提案します。また、保険会社との交渉もサポートします。

交通事故に遭ってしまった、起こしてしまった、家族や知人が交通事故で困っているという方はまずはお電話でご相談下さい!

 

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の交通事故治療はコチラ

 

 

腰痛でお悩みの方は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年08月5日

こんにちは!
岩倉市のハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。
最近は暑さも増して、家に閉じ籠っている人も多いと思います。
冷房の効いた部屋でないと危ない気温になっているので、動けないのでじっと座っていることが多くなり、ごろごろして腰痛になったと言う人が増えています。

なぜ、ごろごろしていると痛くなるのでしょう。
ごろごろする場合、同じ姿勢を長時間していることが多くなります。
座りっぱなしや、寝転んでいる時間が多いですよね。
そうすると同じ所にばかり負担がかかり、痛みが出やすくなります。
少しずついろいろな所に負担が分散することが体にとって大切なことになります。

骨格の歪みがあると、同じ所に負担がかかりやすく、やはり痛みが出やすくなります。
バランスの悪い体は痛みが出やすくなり、その状態で同じ姿勢をしていると余計に痛みが出てきてしまうということになります。

まず、すぐやれることは、ずっと同じ姿勢でいないように気を付けること。

そして、骨格を整えた上で筋肉を柔らかく保つこと。

骨格は自分で整えるのは非常に難しいです。

当院では骨格の歪みを写真や、体を動かしてもらい、体がどのような状態になっているか、検査した上で、骨格骨盤矯正専用のベッドに乗っていただき、反射を利用した矯正を行っていきます。

ベッドの動く音が大きいですが、痛くなく、効果的に整えることが可能です。

痛みがあり悩んでいらっしゃる方は、ぜひ当院へご相談くださいね!

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

腰痛についてはこちら

暑さに負けない体づくりは岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年07月19日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

天気予報の最高気温を耳にするのが恐ろしい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

消防署が程近くにある当院では救急車の出動が増えているのがうかがえます。熱中症は、寝不足や疲れなどの体調不良が原因とも言われています。ならないためにはしっかり水分・塩分補給をして冷房を活用しながら歯を食いしばって乗り切りましょう!

また、暑さに負けない体づくりの一環としてバランスのとれた食事や適切な睡眠も重要になります。

当院では、体づくりとして骨格・骨盤を整える骨盤矯正を行います。骨盤が整うことで筋肉のバランスも整って疲労や痛みの原因も改善されます。自律神経のはたらきや代謝もアップしてイイ事づくしなんです。さらに症状がでている部位にはストレッチやマッサージ、ハイボルテージ治療などで症状の改善をすすめていきます。

このように骨に対するアプローチと共に筋肉も正常な状態にしていくのですが、症状を繰り返したりしないようにするためには「筋肉(インナーマッスル)を鍛える」ことが肝要です。

その点においても当院は『楽トレ』があります!仰向けで30分横になった状態で鍛えにくいインナーマッスルをしっかり強化していきます。整えたバランスを維持していくために必要なインナーマッスルを鍛えられれば鬼に金棒ですよ!

今からでも遅くありません、ハンズ治療院・整骨院で理想の体づくりしてみませんか?

 

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の骨盤矯正はコチラ

捻挫でお悩みの方は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年07月8日

こんにちは!岩倉市のハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

スポーツをやっていたり、ヒールの靴を履いている時にグキっと足首を捻挫してしまうこと、ありますよね。

捻ってしまって、靭帯や筋肉を傷めてしまうと、少し動くにも負担になりますよね。

痛いのをかばって歩いていると、いろいろな所に負担をかけて痛い場所が腰や肩などあちこち増えていく場合があります。

痛い場所を治さないと他の場所の痛みをとることは不可能ですので、大元から治していきましょう!

足首を捻ってしまう場合は足首を内側に捻ってしまい、外くるぶしの斜め下あたりの靭帯を傷めてしまう事が多いです。靭帯に怪我をして炎症をおこしている時はまず、もう一度傷めなおさないようにすることが大切です。

テーピングで内側に捻らないよう、テーピングで固定します。

そしてハイボルテージという電気治療をして、痛みをとることが大切です。

強い電流をかけることにより、ゲートコントロールが効き、痛みを和らげることができます。

そして、マイクロカレントという電気治療をして、傷の修復を促すことで、早期に回復させていきます。

通常怪我をした場合、傷の回復するために損傷電流が流れるのですが、それと同じような微弱電流を流すことで、傷の回復を通常よりも早く回復させていきます。

超音波を併用することにより、腫れを早く落ち着かせていきます。

捻挫したのを放置して、もう腫れはないが、足首が固くなってしまって可動性が悪い場合は、超音波を当てて関節の動きを良くするように行っていきます。

状態に合わせて治療していきます。

傷めてしまった場合は、早く治療を開始すると直理も早まります。

ぜひ当院へご相談くださいね!

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

ハイボルテージ治療についてはこちら

肉離れになってしまったら岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年06月6日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

6月になりました!まだまだ不安定な気候が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?
今月はサッカーのワールドカップがロシアで開催されます。紆余曲折を経て本番を迎える日本代表の活躍したいですね。

サッカーは「走る」スポーツですが、最近ランニングなどをしてふくらはぎが「肉離れ」なってしまう方が少なくありません。走るに限らずジャンプしようとして踏み切る時にもよく起こります。
肉離れとは俗称で、正式には筋断裂と言います。名の通り筋繊維が断裂してしまうのです。

運動によって筋肉は伸長と収縮を繰り返します。筋断裂が起こる際には筋肉が引き延ばされる力に対し収縮する力が弱い時(筋肉の柔軟性が乏しい)しっかりウォーミングアップせずに急にフルパワーで動いたりクタクタに疲れ果てた状態で負荷をかけたりすると硬くなったゴムのように筋肉は切れてしまいます。

ですから、予防のためには筋肉のストレッチが不可欠になります。運動前にはウォーミングアップを兼ねて、運動後にも疲労を残さないように心ゆくまでストレッチしていくようにしましょう!

もし、肉離れになってしまったら、、、

[Rest]・・・直後は患部の炎症や損傷が広がらないように安静にしましょう。

[Ice] ・・・ケガには炎症が伴います。患部を冷やして痛みを抑えましょう。

[Compression]・・・患部の拡大や出血を防ぐために圧迫しましょう。

[Elevation]・・・患部を心臓よりも高い位置に挙げて血流を抑制し出血・炎症をおさえます。

この「RICE処置」を実践してください。肉離れに限らず突然の外傷に対しては有効です。

当院では、ハイボルテージ療法で炎症抑制、疼痛軽減、治癒促進を症状に合わせて行います。痛みが収まったとしても傷めた筋肉は回復していく段階で硬くなってしまうので再発予防をかねてストレッチやマッサージも行います。痛めてしまったらお早めにご相談ください。

 

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

ハンズ治療院・整骨院のハイボルテージ治療はコチラ

 

足首の捻挫の治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月24日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回は足首の捻挫の治療についてお話しさせていただきます。

 

当院にも捻挫をして来院される方が多くいらっしゃいます。

ほとんどの方がスポーツで怪我をする場合が多いですね。

中でも足首の捻挫は多いです。私も子どもの頃に何度もしています。

 

ところで、みなさんは気にしたことはないかもしれませんが、足首の捻挫の多くは外側のくるぶしの所で起こります。

なぜ外側なのか?

ご自身の足を見ていただけば分かると思いますが、くるぶしは内側よりも外側の方が下にあります。

ですから足首を外側に捻ろうとしても、骨と骨がぶつかってしまって捻れないのです。

逆に内側のくるぶしは上の方にあるので骨と骨がぶつからないため足首は内側に捻ってしまうのです。

そして内側に捻ると、外側の靭帯と呼ばれる硬い筋が伸ばされて痛めてしまいます。

ですから足首の捻挫は外側に多く起こります。

 

では、足首の捻挫はどのように治療するか?

ハンズ治療院・整骨院では、ハイボルテージという電気治療器を使って治療していきます。

これはトップアスリートが使っていたり、日本のオリンピックの選手団が現地に持っていった、非常に優秀な治療器であります。

これ一台で痛みを取る、腫れを引かせる、損傷した靭帯の修復を早める、痛みのため動かせなくて硬くなった関節の動きを回復するなど、様々な役割をしてくれます。

それと同時に患者様一人一人の症状に合わせてストレッチや、必要に応じてテーピングなども行い、今後は同じ捻挫を繰り返さないための指導もさせていただきます。

 

痛みを取るだけではない、根本からの捻挫の治療を希望される方は、岩倉市のハンズ治療院・整骨院へご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

ハイボルテージについてはこちら

トムソンベッドの骨盤矯正は岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2018年05月14日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

連休が終わりいつも通り日常が始まってしまいました。有意義な連休を過ごされましたでしょうか?はりきって予定を詰め込みすぎてかえってクタクタになっている方も少なくないのではないでしょうか。

生活のリズムが乱れると反動はそのまま自らのカラダに疲労や痛みとして現れます。

乱れてしまったバランスを立て直すのは容易ではありません。しかし、日常生活は待ってくれません。スッキリしない体調を携えて生活・仕事をこなさなければならなくなってしまいます。

当院では、乱れてしまったバランスを骨格から整えていきます。骨格が歪んでしまったりすると体を支えたり動かすためにはたらく筋肉が正常に機能しにくくなります。筋肉の過度の緊張が起こると血液の循環が滞りコリや痛みの原因になります。また、骨格の歪みは神経のはたらきも妨げてしまいます。

長年かけてついた骨格の歪みもカラダに負担の少ないトムソンベッドでしっかり整えることができます。トムソンベッドは骨に対して動きをつけることで伸び縮みしにくい深部の筋肉も緩める効果も期待できます。動かした際に出る音が大きいのが玉にキズですが。。。

整っていく感覚はクセになりますよ。ぜひ、お試し下さい!

 

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

スポーツ外傷でお困りの方は岩倉市の販ハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月12日

こんにちは岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院の沢田 侑希です!

新年度が始まって1カ月が経過いたしまし。新入生の学生の皆さんはそろそろ部活動が始まってくる時期ではないでしょうか?また暖かくなってきてランニングなどの運動を始められる方も増えてくるのではないでしょうか?

それに伴い増えてくるのがスポーツ外傷です!本日はスポーツ外傷についてお話します。

 

スポーツ外傷とは一般的にスポーツによるケガですが、捻挫や打撲など急に痛みが出たものを主に急性外傷と呼びます。これについてはいつ痛めたか、原因がはっきり自分でもわかることが多いです。疲労骨折やテニス肘、シンスプリントなどの繰り返しの弱い力が患部に加わることで痛みが出てくるものを亜急性外傷と言います。亜急性外傷というと聴きなれない言葉ですよね?簡単に言うと、使いすぎによる痛みやオーバーワークです。

スポーツにおいては捻挫などの急性外傷にも注意が必要ですが、このテニス肘などの亜急性外傷にはもっと注意が必要です!なぜなら使い過ぎの痛みは普段から使っている箇所を使いすぎてしまう事が原因なので、患部を休めてあげるということが難しいケースが多いです。部活動などにおいては部活動を休むことができず、患部を使い続けてしまう事で痛みがなかなか治らないということがおきてしまいます。

こういった痛みを取っていく為には、患部にかかる負担以上に患部に対する治癒力を高めてあげることが必要です。例えば患部の血流を良くする、患部に関係する筋肉をしっかり緩める、患部が炎症しないように冷やす、など痛む場所がこれ以上痛まないようにすると同時に次の日までに少しでも回復していかないとこの様な痛みはなかなか引いていきません。

 

上記のような外傷に対して当院では、ハイボルテージとマイクロカレントという電気を用いて治療を行います。ハイボルテージで炎症・痛みを引かせて、マイクロカレントで細胞を活性化させ自然治癒力を高めます。これにより一日のなかで患部にかかる負担よりも、回復力を上回らせることで患部を治していきます。

亜急性外傷は一回一回の負担は小さく痛みに気づきにくいです。スポーツにおいて体に違和感を感じた時点で、体に負担がかかっている証拠なので、痛みが強く出てくる前にハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

ハイボルテージこちら治療は

膝痛の治療はハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月11日

こんにちは!ハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

最近は昼間は気持ちの良い気候になって、冬よりもお出掛けが増えた方も多くいらっしゃると思います。

お出掛けするときに、体の調子がいいとお出かけしやすいですが、体のどこかが不調だと、お出かけする気分にもならないですよね。

今回は、膝の痛みについてお話していこうと思います。

よくある3種類の説明していきます。

①若い人やスポーツなどで膝の負担が大きく負担かかることがあって痛みがでる場合は半月板という膝のクッションを傷めてしまっている場合です。

けがをしている状態になりますので、傷の修復を進めていくのが一番の治療になりますので、当院ではハイボルテージという、痛みを軽減する電療、マイクロカレントや超音波という傷の修復をする電療をしていくことが回復を促していきます。

②中年以降で多くなってくるのが、変形性膝関節症です。

長年の負担で、骨が変形してしまっている状態です。

骨の変形自体は元に戻すことはできません。(先進医療で研究をしている方がみえるので、未来ではできるかも。)

どうしてもひどく変形している場合は手術が適応になります。

手術する程ではない場合、まずは骨の変形が進まないように、まずは負担を軽くすることが必要です。

筋肉が激しく炎症が起こっている場合は炎症をまず抑えていきます。先ほどお話したハイボルテージを使っていきます。

激しい症状が落ち着いているようなら、膝の関節包が固くなっているので、固さをとっていきます。関節包が柔らかくなると動きやすくなります。

③骨の変形なし、半月板の損傷などはないが痛みがある状態は、関節が固くなっているのと、筋肉の炎症からおこるものです。

症状に応じて、ハイボルテージや関節包を柔らかくする施術をしていきます。

どちらの症状にしても、膝回りの筋肉が不足している場合が多いので、筋肉をつけて骨を支える治からをつけることができると、どんどん負担を軽くすることができますので、膝の負担の少ない筋トレもやっていきましょう!

まずは当院へご相談ください!

ハイボルテージの治療についてはこちらちら

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

 

神経の治療は自律ハンズ治療院・整骨院まで

2018年04月10日

皆さんこんにちは岩倉市のハンズ治療院・整骨院の沢田 侑希です!

暖かくなってきて、桜も満開を迎え完全に春というかんじになってきましたね。

ですが、朝は寒かったりまだ少し不安定な時期でもあります。

こういう季節の変わり目は自律神経が乱れやすい時期でものあるので,本日は自律神経についてお話させていただきます!

 

まず自律神経が乱れるとは、例えば寝つきが悪くなる、頭痛・めまい・耳なり・たちくらみなどがする、イライラする、不安感がある、などなどです。

自律神経とは主に緊張したり、怒ったりした時に働く交感神経と、寝る前などのリラックスしているときに働く副交感神経があります。これらはお互いに興奮性と抑制性(リッラクス)の真逆の働きを持つ神経なのですが、この神経のバランスが崩れてしまうといろんな症状が出てきてしまいます。

 

先ほど述べたように交感神経は緊張している時など興奮状態に働く神経ですが、これが就寝時に布団の中で神経が興奮すると、不安感や心臓の動悸を感じたりして寝つきが悪くなり不眠症などになってしまいます。また逆に仕事中などに副交感神経が働くと、仕事中ぼ――っとしたり、ずっと眠気に襲われていたりと集中力が散漫になってしまいます。

このようにそれぞれリラックスしているときに興奮性の自立神経が働いてしまったり、反対に仕事中など覚醒時に抑制性(リラックス)の自立神経が働いてしまうことを、自律神経のバランスが乱れるという訳です!

 

このような症状が今ぐらいの季節の変わり目で出る方が多くなっています。

気温の急激な変化や、環境の変化、花粉症などのストレスなどによって自律神経が乱されてしまいます。

当院ではこのような自律神経の乱れに対して、立体動態波という電気を用いて治療を行います。立体動態波という電気を手首足首に装着して、体全身にびりびりとも感じないくらい微弱な電流をあてて自律神経の興奮を抑えてあげることで、自律神経の乱れを整えます。

他にも鍼やお灸を用いた治療などもございます。

 

不眠や逆に日中の眠気、めまい、耳なりなど自律神経の症状でお困りの方は岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院までご相談ください!

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

神経痛の鍼灸治療についてはこちら

1 2 3

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る