岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

足首の捻挫の治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月24日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回は足首の捻挫の治療についてお話しさせていただきます。

 

当院にも捻挫をして来院される方が多くいらっしゃいます。

ほとんどの方がスポーツで怪我をする場合が多いですね。

中でも足首の捻挫は多いです。私も子どもの頃に何度もしています。

 

ところで、みなさんは気にしたことはないかもしれませんが、足首の捻挫の多くは外側のくるぶしの所で起こります。

なぜ外側なのか?

ご自身の足を見ていただけば分かると思いますが、くるぶしは内側よりも外側の方が下にあります。

ですから足首を外側に捻ろうとしても、骨と骨がぶつかってしまって捻れないのです。

逆に内側のくるぶしは上の方にあるので骨と骨がぶつからないため足首は内側に捻ってしまうのです。

そして内側に捻ると、外側の靭帯と呼ばれる硬い筋が伸ばされて痛めてしまいます。

ですから足首の捻挫は外側に多く起こります。

 

では、足首の捻挫はどのように治療するか?

ハンズ治療院・整骨院では、ハイボルテージという電気治療器を使って治療していきます。

これはトップアスリートが使っていたり、日本のオリンピックの選手団が現地に持っていった、非常に優秀な治療器であります。

これ一台で痛みを取る、腫れを引かせる、損傷した靭帯の修復を早める、痛みのため動かせなくて硬くなった関節の動きを回復するなど、様々な役割をしてくれます。

それと同時に患者様一人一人の症状に合わせてストレッチや、必要に応じてテーピングなども行い、今後は同じ捻挫を繰り返さないための指導もさせていただきます。

 

痛みを取るだけではない、根本からの捻挫の治療を希望される方は、岩倉市のハンズ治療院・整骨院へご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

ハイボルテージについてはこちら

トムソンベッドの骨盤矯正は岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2018年05月14日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

連休が終わりいつも通り日常が始まってしまいました。有意義な連休を過ごされましたでしょうか?はりきって予定を詰め込みすぎてかえってクタクタになっている方も少なくないのではないでしょうか。

生活のリズムが乱れると反動はそのまま自らのカラダに疲労や痛みとして現れます。

乱れてしまったバランスを立て直すのは容易ではありません。しかし、日常生活は待ってくれません。スッキリしない体調を携えて生活・仕事をこなさなければならなくなってしまいます。

当院では、乱れてしまったバランスを骨格から整えていきます。骨格が歪んでしまったりすると体を支えたり動かすためにはたらく筋肉が正常に機能しにくくなります。筋肉の過度の緊張が起こると血液の循環が滞りコリや痛みの原因になります。また、骨格の歪みは神経のはたらきも妨げてしまいます。

長年かけてついた骨格の歪みもカラダに負担の少ないトムソンベッドでしっかり整えることができます。トムソンベッドは骨に対して動きをつけることで伸び縮みしにくい深部の筋肉も緩める効果も期待できます。動かした際に出る音が大きいのが玉にキズですが。。。

整っていく感覚はクセになりますよ。ぜひ、お試し下さい!

 

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

スポーツ外傷でお困りの方は岩倉市の販ハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月12日

こんにちは岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院の沢田 侑希です!

新年度が始まって1カ月が経過いたしまし。新入生の学生の皆さんはそろそろ部活動が始まってくる時期ではないでしょうか?また暖かくなってきてランニングなどの運動を始められる方も増えてくるのではないでしょうか?

それに伴い増えてくるのがスポーツ外傷です!本日はスポーツ外傷についてお話します。

 

スポーツ外傷とは一般的にスポーツによるケガですが、捻挫や打撲など急に痛みが出たものを主に急性外傷と呼びます。これについてはいつ痛めたか、原因がはっきり自分でもわかることが多いです。疲労骨折やテニス肘、シンスプリントなどの繰り返しの弱い力が患部に加わることで痛みが出てくるものを亜急性外傷と言います。亜急性外傷というと聴きなれない言葉ですよね?簡単に言うと、使いすぎによる痛みやオーバーワークです。

スポーツにおいては捻挫などの急性外傷にも注意が必要ですが、このテニス肘などの亜急性外傷にはもっと注意が必要です!なぜなら使い過ぎの痛みは普段から使っている箇所を使いすぎてしまう事が原因なので、患部を休めてあげるということが難しいケースが多いです。部活動などにおいては部活動を休むことができず、患部を使い続けてしまう事で痛みがなかなか治らないということがおきてしまいます。

こういった痛みを取っていく為には、患部にかかる負担以上に患部に対する治癒力を高めてあげることが必要です。例えば患部の血流を良くする、患部に関係する筋肉をしっかり緩める、患部が炎症しないように冷やす、など痛む場所がこれ以上痛まないようにすると同時に次の日までに少しでも回復していかないとこの様な痛みはなかなか引いていきません。

 

上記のような外傷に対して当院では、ハイボルテージとマイクロカレントという電気を用いて治療を行います。ハイボルテージで炎症・痛みを引かせて、マイクロカレントで細胞を活性化させ自然治癒力を高めます。これにより一日のなかで患部にかかる負担よりも、回復力を上回らせることで患部を治していきます。

亜急性外傷は一回一回の負担は小さく痛みに気づきにくいです。スポーツにおいて体に違和感を感じた時点で、体に負担がかかっている証拠なので、痛みが強く出てくる前にハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

ハイボルテージこちら治療は

膝痛の治療はハンズ治療院・整骨院へ

2018年05月11日

こんにちは!ハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

最近は昼間は気持ちの良い気候になって、冬よりもお出掛けが増えた方も多くいらっしゃると思います。

お出掛けするときに、体の調子がいいとお出かけしやすいですが、体のどこかが不調だと、お出かけする気分にもならないですよね。

今回は、膝の痛みについてお話していこうと思います。

よくある3種類の説明していきます。

①若い人やスポーツなどで膝の負担が大きく負担かかることがあって痛みがでる場合は半月板という膝のクッションを傷めてしまっている場合です。

けがをしている状態になりますので、傷の修復を進めていくのが一番の治療になりますので、当院ではハイボルテージという、痛みを軽減する電療、マイクロカレントや超音波という傷の修復をする電療をしていくことが回復を促していきます。

②中年以降で多くなってくるのが、変形性膝関節症です。

長年の負担で、骨が変形してしまっている状態です。

骨の変形自体は元に戻すことはできません。(先進医療で研究をしている方がみえるので、未来ではできるかも。)

どうしてもひどく変形している場合は手術が適応になります。

手術する程ではない場合、まずは骨の変形が進まないように、まずは負担を軽くすることが必要です。

筋肉が激しく炎症が起こっている場合は炎症をまず抑えていきます。先ほどお話したハイボルテージを使っていきます。

激しい症状が落ち着いているようなら、膝の関節包が固くなっているので、固さをとっていきます。関節包が柔らかくなると動きやすくなります。

③骨の変形なし、半月板の損傷などはないが痛みがある状態は、関節が固くなっているのと、筋肉の炎症からおこるものです。

症状に応じて、ハイボルテージや関節包を柔らかくする施術をしていきます。

どちらの症状にしても、膝回りの筋肉が不足している場合が多いので、筋肉をつけて骨を支える治からをつけることができると、どんどん負担を軽くすることができますので、膝の負担の少ない筋トレもやっていきましょう!

まずは当院へご相談ください!

ハイボルテージの治療についてはこちらちら

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

 

神経の治療は自律ハンズ治療院・整骨院まで

2018年04月10日

皆さんこんにちは岩倉市のハンズ治療院・整骨院の沢田 侑希です!

暖かくなってきて、桜も満開を迎え完全に春というかんじになってきましたね。

ですが、朝は寒かったりまだ少し不安定な時期でもあります。

こういう季節の変わり目は自律神経が乱れやすい時期でものあるので,本日は自律神経についてお話させていただきます!

 

まず自律神経が乱れるとは、例えば寝つきが悪くなる、頭痛・めまい・耳なり・たちくらみなどがする、イライラする、不安感がある、などなどです。

自律神経とは主に緊張したり、怒ったりした時に働く交感神経と、寝る前などのリラックスしているときに働く副交感神経があります。これらはお互いに興奮性と抑制性(リッラクス)の真逆の働きを持つ神経なのですが、この神経のバランスが崩れてしまうといろんな症状が出てきてしまいます。

 

先ほど述べたように交感神経は緊張している時など興奮状態に働く神経ですが、これが就寝時に布団の中で神経が興奮すると、不安感や心臓の動悸を感じたりして寝つきが悪くなり不眠症などになってしまいます。また逆に仕事中などに副交感神経が働くと、仕事中ぼ――っとしたり、ずっと眠気に襲われていたりと集中力が散漫になってしまいます。

このようにそれぞれリラックスしているときに興奮性の自立神経が働いてしまったり、反対に仕事中など覚醒時に抑制性(リラックス)の自立神経が働いてしまうことを、自律神経のバランスが乱れるという訳です!

 

このような症状が今ぐらいの季節の変わり目で出る方が多くなっています。

気温の急激な変化や、環境の変化、花粉症などのストレスなどによって自律神経が乱されてしまいます。

当院ではこのような自律神経の乱れに対して、立体動態波という電気を用いて治療を行います。立体動態波という電気を手首足首に装着して、体全身にびりびりとも感じないくらい微弱な電流をあてて自律神経の興奮を抑えてあげることで、自律神経の乱れを整えます。

他にも鍼やお灸を用いた治療などもございます。

 

不眠や逆に日中の眠気、めまい、耳なりなど自律神経の症状でお困りの方は岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院までご相談ください!

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

神経痛の鍼灸治療についてはこちら

肉離れの治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年03月11日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回は肉離れの治療についてお話させていただきます。

 

暖かくなってきて、ジョギングしてる方を見かける機会が増えてきました。

適度な運動は気持ちが良く、健康にも良いですよね。

しかし、運動に付き物なのがケガですよね。

当院にもスポーツでケガをされた方が多くいらっしゃいます。

中でもふくらはぎの肉離れは多いです。

 

みなさん肉離れという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、実際にはどのようなものなのか、ご存じ無い方も多いですよね。

 

筋肉はゴムの束のようなもので、肉離れとは筋肉が部分的に断裂した状態です。

軽く考えている方もみえますが、身体の中では大変な事が起きているんです。

 

ではその肉離れ、どのように治療していくかですが、まずは痛みを取り除く事と、断裂した筋肉をくっつける事が第一です。

当院ではハイボルテージという電気治療機を使って治療していきます。

これはトップアスリートが自分用に購入し、練習後のコンディショニングやケガの治療にも使っているものです。

まずはこれで痛みの緩和と断裂した筋肉を早期に修復します。

 

しかし大事なのはここからです。

先程もお話ししたように、筋肉はゴムの束のようなもので規則正しく同じ向きに並んでいます。

治療をすると筋肉はくっつきますが、向きがバラバラになってしまうのです。

そしてバラバラの部分は硬くなってしまい、強い負荷がかかると再度断裂いてしまうのです。

肉離れが癖になるというのはこれが原因です。

 

では、どうしたらいいのか?

 

治療が進み炎症という痛みの元が治まったら、しっかりと温めて筋肉を柔らかくした状態で、正しい筋肉の向きに沿ってマッサージしていきます。

これを続けることによって、バラバラになっていた向きが正しくなり、硬さが取れて再発しにくくなります。

ここまでやって治療が終了となりますが、どうしても痛みが無くなった時点で治療を止めてしまう方が多いです。

再発を防ぐためにも、しっかりと最後まで治療を続けることをお勧めします。

 

楽しく運動を続けるためにはケガは避けたいですが、万が一の時は早めに治療に来てくださいね。

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

ハイボルテージについてはこちら

肉離れの治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2018年01月30日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回は肉離れについてお話させていただきます。

 

私自身がやらないので知らなかったのですが、この時期はマラソン大会が各地で行われているのですね。

みなさん頑張ってトレーニングされているようですが、寒い時期なのでケガが多くなります。

特に多いのが筋肉系のトラブル、いわゆる肉離れですね。

しかし、肉離れについては詳しいことはあまり知らない方が多いので説明させていただきます。

 

人間の筋肉はゴムの束のようになっています。その束の一部が切れてしまうことを肉離れといいます。

硬いゴムは引っ張るとすぐに切れてしまいます。同じ事が人の身体でも起きているのです。

寒い時期は筋肉が硬くなり、肉離れを起こしやすくなります。

実際に当院にもマラソンの練習中にふくらはぎに肉離れを起こして来院された方が何人か続きました。

 

この肉離れ、放置していても痛みは無くなります。

しかし、適切な治療をしないと再発します。

なぜかと言うと、切れた筋肉はくっつくのですが、筋繊維の流れを無視してくっついてしまうからです。

ですからその部分が硬くなってしまい、いつまでも違和感が残ったり、強い負荷がかかった時に切れてしまうのです。

 

では、どうしたら良いのか?

 

当院ではハイボルテージというトップアスリートも使う治療機を使い痛みを取り除きながら、同時に温熱作用により筋肉を緩めた状態で筋繊維の流れに沿ってマッサージを行います。

そうするとこで正しい状態で筋肉がくっつくことにより、再発しにくくなります。

痛みが無くなったから治った、ではないということですね。

 

マラソンだけでなく、色々なスポーツを楽しむために、ハンズ治療院・整骨院で再発しにくい治療を受けてみませんか?

スタッフ一同、お待ちしております。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

ハイボルテージについてはこちら

坐骨神経痛の治療は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2017年12月15日

こんにちわ!ハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

雪がちらつく寒さになりましたね。冷えてくると強い痛みの患者さんが増えてきます。

ぎっくり腰や坐骨神経痛になる方が多いですね。

寒さで筋肉に力が入って負担がかかり筋肉が硬くなり、寒さで筋肉が冷えて、血行不良をおこして筋肉が硬くなってガチガチになってしまった時に、何か大きな負担がかかるとぎっくり腰になります。それは筋肉がケガした状態ですね。

ケガをした状態なら、痛みのケア+ケガの回復を促すハイボルテージ+超音波+マイクロカレント治療をするのがオススメです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症になっていたり、お尻の筋肉がガチガチになっていて、坐骨神経を圧迫してしまって坐骨神経痛になる場合があります。

坐骨神経痛の場合も冷えて筋肉にも負担がかかるのももちろんありますが、神経痛は腰や足が冷えると症状がでやすいです。

神経痛が起こっている場合は神経を圧迫しているところから、症状がでているところへ鍼をして、それに電気をかけると神経痛の症状が改善しやすくなります。

神経痛の場合は回復するのがゆっくりな為、根気よく治療を続けていく必要があります。

お灸は筋肉の緩みがでやすくなり、血行不良からくる痛みが改善しやすくなるので、神経痛にも大変有効です。

体を温めることで症状が楽になるので、お風呂に入ったり、ホッカイロ、ネックウォーマー、腹巻きなどを身につけることもいいですね。

まだまだこれから寒い日が続きます。

少しでも楽に冬をすごせるように対策をしていきましょう!

ハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

神経痛の治療についてはこちら

 

お子様の姿勢が気になる方は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へ

2017年12月2日

こんにちはハンズ治療院の沢田です!!!

もう12月ですね!今年も残すところあと1か月、健康な状態で年を越せるように皆さま体調管理には十分注意しましょう!

 

さて、今回お話しさせていただく内容は、子供の姿勢についてお伝えしていきたいとおもいます。

お子様がいらっしゃる方は日ごろから気にされている子供の姿勢、実は姿勢を矯正し治していくベストなタイミングは子供の頃なんです!

なぜかと言うと、身長が伸びきっていない子供では骨、関節、筋肉すべてが大人に比べて柔らかい状態にあります。なので悪くなってしまっている姿勢も体の柔らかい子供のうちにしっかり矯正しておくことで、からだが成長しきる前にしっかり正しい姿勢に戻すことができます。

 

また子供の姿勢不良は見た目だけの問題ではなく、実は『集中力の低下』・『運動能力の低下』・『肥満』などとも密接に関係しています。

 

姿勢が悪いと内臓が圧迫されて肺が膨らみにくくなることで、脳に回る酸素量が減り、それによって集中力が低下します。

また背骨が曲がり神経が圧迫されると運動神経の伝達が悪くなり、運動能力が低下してしまいます。

肥満も関係ないように見えますが、姿勢不良によって褐色脂肪細胞という細胞の働きが弱くなり、代謝が下がってしまうことにより太りやすい体になってしまいます。

 

最近ではスマートフォン、小型ゲーム機など長時間下を向いて猫背になってしまっている子供たちをよく街中で見かけます。現在では子供たちの姿勢を悪くしてしまう環境が整っていると言えます。

大人になってから姿勢を正していくのは大変です。姿勢矯正は体の柔らかい子供のうちにしっかりやっておくことをオススメいたします!

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

子供の猫背矯正はこちら

 

患者様の声をご紹介| 岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2017年11月29日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

今回は腰の痛みで来院されたMさんの治療後の感想をご紹介したいと思います。

 

「2年前頃に腰を痛めてからまったく何もせずにしていたら腰の痛みがひどくなり仕事に支障をきたすと思い、近所にあるハンズさんをみかけて通ってみたところ、中のスタッフさんがものすごく良い人で色々なことを教えてもらいました。これからの治療に専念しようと思えました。1日目だけで身体の違いが明らかだったのでそれだけ自身のメンテナンスをおこたっていたんだと痛感しました。これからは、治す努力をしていきたいと思います。」(Mさん 23才・男性)

※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります

Mさん、前々から気にはしていたようですが、辛さに耐えかねて来院されました。カウンセリングを受けて頂きご自身の身体の痛みの原因や状態を理解していただき根本改善治療を受けて頂きました。治療後の変化にも喜んでいただけたようでした。治療についてもとても前向きで私もその意欲に応えられるように治療していきます。

根本改善によって少しでも多くの方の健康をお届けできるように精進いたします!

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

ハンズ治療院・整骨院の根本改善治療はコチラ

1 2 3

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る