鍼灸治療

慢性的な不調…どこに相談すればいいのか分からない
  • 肩こり、腰痛、膝の痛みが辛い
  • 長時間、同じ姿勢でいると辛い
  • 手先足先までピリピリとしたしびれ(神経痛)がある
  • めまいがあり日常生活が困る
  • 花粉症の薬に頼りたくない
  • 血行不良からのむくみ、冷え

これらの症状 放っておくとどうなりますか?

特に神経痛はいったん出てしまうと簡単には治らないと言われています。
実際、解決策がなく途方に暮れて当院に来られた患者様が多くいらっしゃいます。
岩倉市ハンズ治療院・整骨院ではトリガーポイントや神経にアプローチする鍼治療を行っておりますので、今まで症状が改善しなかった方も一度ご相談ください。

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の鍼治療

写真:岩倉市ハンズ治療院・整骨院の鍼治療神経痛・坐骨神経痛は、トリガーポイント(硬結部)に打った鍼にパルス(低周波の電気)を流して、鍼治療と電気治療の相乗効果をねらう手法を使います。
この治療法は坐骨神経痛や首からくる上肢の神経痛に非常に効果的です。
まずは、徒手検査でトリガーポイントを調べて、患者様が痛めている神経が通っている箇所に鍼を打ってパルスを流し、筋肉や神経を刺激することで正常化させ、回復させていきます。
電気刺激はピリピリして痛そう…と思う方も多いのですが、治療後はむしろ「気持ち良かった」と感想をおっしゃってくださる方がほとんどです。
ですので、一度施術を受けた方は次から「また同じ施術を」と言われます。
鍼も見た目で抵抗がある方が多いのですが、鍼灸治療で使用する鍼の太さは0.1~0.2mm程度。 注射針の1/10~1/5の太さなので、チクっとするような痛みはありません。
同時に、神経を圧迫している骨格・筋肉を手技で調整していきます。
鍼治療が効果的な症状
腰痛、坐骨神経痛
鍼治療で最も患者様からのご相談が多い症状です。
坐骨神経痛の原因の多くは腰部にあり、足の辛い痛みやしびれに対してはもちろん、腰部の原因改善を中心に手技施術を組み合わせて回復させて行きます。
頭痛、肩こり
眼精疲労、ストレス、同じ姿勢での作業などからたくさんの患者様を悩ませる症状です。
頭痛や肩こりの原因の多くは血行不良と神経の過緊張にあります。こういった症状に対して当院が行っているのは優しい温度のお灸がおすすめです。
メニエール・めまい
めまいが良く出るのは、春先が多く、特に女性に出やすい症状です。
自律神経を整えるツボがある足の指先にお灸をします。
1回の鍼治療でもめまいはかなり改善しますが、週2回のペースで1ヶ月通っていただくと改善します。
花粉症
花粉が舞うおよそ1ヶ月前から、週1回程度のペースで通院して頂くと花粉症の改善に効果的です。
体質改善をすると、翌年からは花粉症が発症しないこともあり、毎年通院して頂かなくて済むケースもあります。
症状の出やすい鼻や目の周りから、身体全体の免疫力を上げるために全身にも鍼を打ちます。
不妊症
岩倉市ハンズ治療院・整骨院の不妊症の箱灸
お灸(箱灸)で子宮の周辺を温めて、排卵・着床がスムーズにいくように内臓機能を向上させます。
ラジオ波で体を温めるのも効果的です。
特に不妊治療中の方は、体外受精の当日にラジオ波で体を温めてから病院へ行くと着床率がUPすると言われています。
女性の先生がいますし、個室ですので、不妊症でお悩みの患者様も安心して施術を受けられます。
疲労回復
岩倉市ハンズ治療院・整骨院のカッピング治療
循環不全からくる全身の倦怠感、風邪をひいた後の病み上がり時のだるさ、疲労回復には、カッピングをぜひ受けてください。
カッピングとは、真空状態になったカップを背中などにつけて吸引し、滞ったドロドロの血液やリンパ液を皮膚の表面に吸い上げることで血行・リンパの流れを良くしていく施術方法です。
体がシャキっとしないときは特に即効性があり、「寝起きがスッキリして体が楽になった」とよく言われます。
個室もありますので他の患者様の目を気にせず施術を受けられます。

鍼灸治療を受けられる方へ

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の施術風景体質改善のためには、週1回で3ヵ月程度通っていただければ、改善します。
女性の先生もいますし、全室個室なので他の患者様の目を気にせず施術を受けられます。
安心してお越し下さい!

鍼灸保険治療について

当院では、鍼灸の「同意書」による保険治療を行っております。
保険治療には医師の診察のうえで「同意書」が必要となります。ご不明な点はスタッフまでお気軽にご相談下さい。
尚、鍼灸における保険治療は神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症などの傷病が適用範囲となります。

鍼灸治療 症例

患者様の声

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る