オスグッド病

オスグット施術、スポーツコンディショニングはお任せください!

このようなお悩みはありませんか?

  • 膝の下のあたりが痛い
  • 運動をすると痛い
  • 膝の曲げ伸ばしが痛む
  • オスグットと診断された
  • 早く競技に復帰したい

オスグットとは?|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

正式には「オスグット・シュラッター病」と呼ばれる、走る、跳ぶ動作の多いバレーボール、バスケットボールなどの競技をする、成長期の小学生から高校生に多く見られる症状です。

オスグットの原因|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

成長期であることと、運動によりオーバーユースの状態であることが発症に関わります。

オスグット病では、太ももの前面にある大きな筋肉「大腿四頭筋」が大きく関わっています。
大腿四頭筋は、脛骨粗面と呼ばれる膝のお皿の下の骨に付着しています。

走る、跳ねるなどの過度の負担が繰り返されることによって、この大腿四頭筋から繋がる脛骨粗面に負荷がかかってしまいます。

成長期には軟骨が骨に変わる時期であるため、この軟骨が引っ張る力に耐えられず剥がれてしまうことにより発症します。場合によっては「剥離骨折」として診断されます。

 オスグットの症状

脛骨粗面が徐々に突出し、腫れや熱感が出てきます。

運動にともなう膝の曲げ伸ばしによって脛骨粗面が引っ張られることにより痛みが出るのです。

安静時には痛みを感じることが無くてもスポーツを再開したり、動き出すと痛みを感じます。

オスグットの施術|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

 筋肉調整(マッサージ施術)

大腿四頭筋の緊張や筋疲労をマッサージ施術により緩めます。

また、運動にともない関連する腰やお尻、下腿の筋肉をケアすることも欠かせません。

患部を中心に全体の状態を整えることで競技復帰、コンディショニングを目指します。

 

 電療(ハイボルテージ施術)

マッサージ施術と併せて、消炎鎮痛と傷ついた組織の回復促進にハイボルテージ施術を行ないます。

マイクロカレントという周波数の電気を流すことにより治癒力を高め、痛みを抑制し状態の回復を目指します。

 

 固定施術(テーピング等)

脛骨粗面部、大腿四頭筋の保護を目的に行ないます。

保存療法の目的の他、運動時の痛みを抑え競技のコンディションを支える目的があります。

とくに大切な試合前などはテーピングでのケアを推奨しております。

 

オスグット、足の痛み、スポーツでのケガ、スポーツコンディショニングは岩倉市のハンズ治療院・整骨院へご相談ください。

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る