岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

交通事故後のむちうち、腰痛は治るのか?/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年11月29日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は交通事故被害に遭った際のむちうち、腰痛は治るのか?という事についてお話しさせていただきます。

 

交通事故被害に遭った際に痛める可能性が高いのがむちうち(頚部捻挫)と腰(腰部捻挫)になります。

その原因としては、後方から追突された時に上半身全体がムチを打つように前後されるからです。

予測していない状態での強い衝撃により、頭が前後されると身体にとってはかなり大きな負担になります。(頭はボウリングの玉と同じぐらいの重量があります)

これによりレントゲンには写らないような筋肉の微小なキズがついたり、首や腰の骨がごくわずかではありますがズレが生じます。

ただ、このごくわずかなズレが、むちうちや腰痛の長期間に渡る痛みの原因になっていることが多いのです。

 

では、どのように治療するのか?

 

ハンズ治療院・整骨院では、できるだけ早く初期の強い痛みを軽減させるためにハイボルテージや立体動態波という痛みを取るのに特化した電気治療器を使用します。

電気治療はある程度強い電気を流した方が痛みを取るのに効果的ですが、通常の低周波では皮膚が邪魔をして強い電気が流せません。

しかしハイボルテージは特殊な波形の電気のため、皮膚をすり抜けるように強い電気を流すことができるのです。

その強さは低周波の4〜5倍と言われています。

(強い電気だからといって、痛いわけではありません)

またハイボルテージは電気と同時に超音波が流れます。

超音波は振動であり、その振動を受けた細胞も振動する事により隣り合った細胞同士で摩擦熱が発生します。

これが最大7㎝まで到達するので、身体の深部まで温めることができます。

ちなみにこのハイボルテージですが、トップアスリートも自分用に購入していて、野球のメジャーリーグで活躍している二刀流で有名なO選手や、中日ドラゴンズの超大型新人のN選手も全く同じ物を個人的に使用しています。

 

立体動態波は3つの電極からクロスするように電気が流れるため、身体のより深い所まで電気が届きます。

そのため分厚い肩や腰の中までしっかりと電気が流れ、痛みを取り除きます。

 

電気治療器で痛みを取り除き、マッサージやストレッチなどの手技で、硬くなってしまった筋肉を緩めていきます。

このようにしてみなさまのお身体を治していきます。

 

年末年始は交通事故が多くなります。

万が一交通事故被害に遭われたら、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にお早めにご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故サイトはこちら

 

 

湿布を貼っても肩こりが解消しない理由とは?/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年11月22日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は湿布について色々とお話しさせていただきます。

 

肩こりでお悩みの方は本当にたくさんいらっしゃいますよね。

みなさん、それぞれの対処法を取っているようですが、湿布を貼るという方もいらっしゃいますよね。

その方に「湿布を貼ると肩こりが楽になりますか?」と聞いても楽になるという方は多くはないです。

何故でしょうか?

 

そもそも肩こりは首や肩、背中の筋肉が硬くなっている状態なんですね。

ですからその硬さを取らなければ、辛さは解消されません。

 

では、湿布の特徴を説明すると

冷湿布:表面にミント系の成分が塗ってあり、冷える感じがする

温湿布:表面に唐辛子の成分が塗ってあり、温かい感じがする

消炎鎮痛:薬剤に炎症を抑える成分が入っている

簡単に言うとこのようになります。

 

先程説明したように、肩こりは筋肉の硬さが原因になっているので、温湿布が良いのでは?と思うかもしれませんが、唐辛子の成分によってヒリヒリと温かい感じはするかもしれませんが、実際に肩こりを解消するほど奥の方まで温められているわけではないので、なかなか楽にはならないでしょう。

ですが温めるのは良い事なので、私のお勧めは肩甲骨の所にカイロを貼る事です。

カイロの程よい熱が身体の奥にまで浸透して、筋肉を緩めてくれる効果が期待できます。

ただ、気を付けていただきたいのは低温やけどです。

仰向けで寝るなどして長時間カイロが密着した状態が続くと低温やけどを起こしてしまうので、就寝時などは外してくださいね。

 

また、よくある質問に「捻挫やギックリ腰の時は温湿布?冷湿布?」というのを聞かれますが、私個人としてはどちらもお勧めせず、消炎鎮痛の物をお勧めします。

肌色のペラペラの湿布ですね。

捻挫やギックリ腰は炎症という痛みの元が原因で痛みが出ているので、それを抑えられる物が効果的だからです。

 

怪我をした時は消炎鎮痛、慢性的な肩こり腰痛にはカイロ、これが私のお勧めです。

ただしこれらは対処療法に過ぎませんので、お身体の事でお困りのことがありましたら、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にお早めにご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

肩こりに対する施術についてはこちら

 

 

交通事故に関するよくある質問/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年11月15日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回も交通事故に関するよくある質問についてお答えしたいと思います。

 

これから年末に向けて交通事故が多くなります。

先程私自身も車の運転をしていたのですが、頻繁に車線変更をする車や、前の車との車間距離がかなり短い車がいて「危ないなぁ」と感じました。

「自分は大丈夫」と思っているのでしょうか?

そういった車とは距離を置くようにしています。

 

さて、よくある質問の中に「物損事故と人身事故の違いは何?」というのがあります。

簡単に言うと物損事故は「物が壊れただけで怪我をしていない事故」、人身事故は「人の生命や身体に損害が発生する事故」と定義されます。

では次にその中身の違いについて説明していきます。

物損事故には加害者側にはいくつかのメリットがあります。

1.免許の点数が加算されない

2.刑事罰(例えば罰金刑)を受けない

3.賠償金、保険金の金額が低額

4.示談交渉が比較的短期間

などが挙げられます。

ですから加害者側は物損事故にしたい、と思うわけです。

しかし物損事故として届け出ると、被害者側にはいくつかのデメリットがあります。

1.治療費が支払われない

2.賠償金の額が非常に少ない

3.慰謝料が支払われない

などが挙げられます。

ですから交通事故被害に遭い怪我がある場合は人身事故扱いで届け出るのが良いでしょう。

しかし軽い接触事故でその場では痛みが無かったので物損事故として届け出たが、後日痛みが出てきたというケースも多くあります。

こういった場合は人身事故への切り替えが必要となります。

1.医師の診断書をもらい警察に提出し人身事故に切り替えてもらう

2.警察で事故証明書をもらい、相手の保険会社に送る

事故から時間が経過すると、事故と怪我との因果関係が疑われてしまうので、出来るだけ早い切り替えが必要となります。

それでも相手の保険会社が人身事故に切り替えてくれない場合は裁判ということになります。

ここまで来ると自分だけで対応するのは難しくなるので、弁護士への依頼が必要となってくるでしょう。

 

交通事故被害に遭うと、肉体的だけでなく精神的にも疲労してしまいます。

交通事故に遭わないのが一番ですが、万が一遭ってしまった場合は、提携している弁護士への相談も可能ですので、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にご連絡ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故サイトはこちら

坐骨神経痛を治せるのは手術しかないのか?/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年11月8日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は坐骨神経痛についてお話しさせていただきます。

 

お尻や脚の痛みやしびれに悩んでいる方は多いですよね。

当院にもそのような悩みで来院される方が多くいらっしゃいます。

 

そもそも坐骨神経痛というのは正式な病名ではなく、症状の名前になります。

ですから原因も様々です。

ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが主な原因の病名になるかと思います。

坐骨神経痛は手術でしか治らないのでは?とお考えの方もいるかもしれませんが、それは原因にもよります。

脊柱管狭窄症のように、変形した骨が神経を圧迫して起こる坐骨神経痛に対しては、根本的に治そうと思うと手術になります。

数年前に某有名芸能人の方が手術して、大きな話題になりましたね。

ヘルニアの場合は椎間板と呼ばれる、背骨の間にあるクッションの役割をする軟骨の中身が飛び出して神経を圧迫して症状が出ます。

ですからその飛び出した物が無くなれば、しびれは治ります。

梨状筋症候群というのは、お尻にある梨状筋という筋肉が硬くなり、その下を走る坐骨神経を圧迫して脚にしびれが出ます。

そのため梨状筋の緊張を取り除くことが重要になります。

 

このように、坐骨神経痛は何らかの原因で坐骨神経が圧迫されて発症します。

では、坐骨神経痛に対してどのような治療を行うのか?

変形した骨が神経を圧迫しているものを根本的に治すには、やはり手術という事になってしまいますが、それ以外でも症状を緩和させることは可能です。

ハンズ治療院・整骨院ではマッサージやストレッチなどの手技で筋肉の緊張を取り除いたり、電気治療、鍼灸治療などによって坐骨神経痛のお尻や脚の痛みやしびれを解消します。

電気治療ではハイボルテージという特殊な電気を使って神経の痛みを取り除きます。

鍼灸治療ではしびれの症状に合わせて鍼を入れ、そこに電気を流す事で症状を緩和します。

しびれに対して鍼灸治療はとても有効です。

 

病院で治療は投薬か手術しかないと言われた方でも、症状が改善した方も多くいらっしゃいます。

坐骨神経痛でお悩みの方はぜひハンズ治療院・整骨院にご相談くださいね。

 

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

坐骨神経痛の治療についてはこちら

 

 

 

交通事故についてのよくある質問/岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2020年11月1日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は交通事故に関して、みなさんからよくある質問にお答えしたいと思います。

 

Q:交通事故に遭ったが何からしたら良いの?

A:当然のことですが、交通事故に遭うのは一生に一度あるかという経験で、何をしたら良いか分からないですよね。順番に説明すると

・警察、保険会社(相手方)に連絡する

・病院を受診する

・保険会社にハンズでの治療を希望する事を伝える

・保険会社からハンズに連絡があり治療スタート

交通事故被害に遭い、自賠責保険を使って治療を行う場合は医師の診断が必要になります。

病院を受診して、痛い場所を細かく伝え診断書に記載していただくことが重要です。

 

Q:一回の治療に料金はいくらかかるの?

A:自賠責保険を使用する場合、窓口での料金は0円です。

 

Q:治療期間はどれぐらい?

A:症状や治療の経過にもよりますが、およそ3ヶ月〜6ヶ月となります。

自賠責保険での治療は期間が限られています。その間に出来る限り痛みを取り除き、その後に痛みを残さないために、しっかりと通院していただく事をお勧めします。

また、ごく稀にかなり早い段階で保険会社から治療の打ち切りを伝えられる場合がありますが、不当な打ち切りに対しては、当院が提携している弁護士に相談する事もできます。

 

Q:慰謝料はどれぐらいもらえるの?

A:4,200円×通院日数というのが一般的な計算と言われていますが、慰謝料には3つの基準があります。

・自賠責保険基準(低)

・任意保険基準(中)

・裁判所基準(高)

保険会社から提示される慰謝料額は任意保険基準だと思われますが、弁護士は裁判所基準で交渉するため、ほとんどの場合で最も高い慰謝料の支払いが期待できます。

ちなみに自賠責保険基準と裁判所基準では、およそ2倍の差があります。

 

今回は簡単にではありますが、交通事故に関してみなさまからよく質問される事について説明させていただきました。

ハンズ治療院・整骨院では、みなさまに代わって保険会社とのやり取りも行なっており、患者様が治療に集中できる環境を整えています。

ご自身、ご家族や周りの方、また今現在交通事故の治療を受けているが転院したいなど、交通事故でお困りの方は、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故の治療についてはこちら

 

 

 

肩こりに効果的なストレッチはどのようなものか/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年10月24日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は肩こりに効果的なストレッチについてお話させていただきます。

 

当院にも肩こりに悩んでいらっしゃる方がとても多く来院されます。

中には肩がこるだけでなく、頭痛、めまい、吐き気、夜眠れないなど症状の強い方もいらっしゃいます。

では、そもそもなぜ肩がこるのか?

・デスクワーク

・スマートフォン

・姿勢が悪い

・冷え

・骨盤、骨格の歪み

などなど現代人には避けて通れない理由もたくさんあります。

それではどのようにして肩こりを解消するか?

と言っても自分でできる事はあまり多くありません。

・同じ姿勢が長く続かないようにする

・温める

・ストレッチ

自分でできることと言うとこんな感じだと思います。

同じ姿勢が続くと筋肉が硬くなってしまいます。

デスクワーク中でも時々席を外してウロウロと歩いてみるのも良いでしょう。

また、特にこれからの時期は冷えないようにするため、肩甲骨の間にカイロを貼るのも効果的です。

私自身が最も効果的で、自分でもやっているのがストレッチです。

3つほどご紹介させていただきます。

意識していただきたいのが「肩甲骨」です。

肩甲骨は背中の上の方にあり、ここに首や肩や背中など、色々な所から筋肉が繋がってきます。

ですから、肩甲骨を動かせば全体的なストレッチになるのです。

1つ目は肩甲骨を上下に動かします。

肩をすくめるようにやると良いでしょう。

この時、肩をすくめたまま5秒ほど止めて、その後ストンと力を抜きます。

止めている間、血管が圧迫されて一時的に血行が悪くなるのですが、ストンと力を抜いた時に一気に血液が流れて、より血行が良くなります。

2つ目は肩甲骨を内側に寄せます。

肩を90度ぐらい上げて胸を張るようにします。

この時、呼吸を大きくすると、呼吸に合わせて胸の筋肉もストレッチされるので、しっかり呼吸しながらやってください。

3つ目が肩甲骨を外に開きます。

手を組んで、身体が前に倒れないように、手だけを前に伸ばし頭を前に傾けます。

この時もしっかり呼吸する事で背中の筋肉が伸ばされるので、呼吸は止めないようにしましょう。

3つとも下に写真を載せておきますので参考にしてみてください。

 

骨格、骨盤の歪みから来る肩こりは、自分で解消するのは難しいので、当院にお任せください。

全く痛くない骨格、骨盤矯正とマッサージやストレッチで、皆様の肩こりを解消します。

ぜひお早めにご相談くださいね。

 

 

 

 

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

骨格・骨盤矯正はこちら

 

交通事故の多い場所とは?岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年10月18日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は交通事故の多い場所についてお話させていただきます。

 

日没も早くなり、またこれから年末に向けて交通事故が多くなります。

ニュースなどでも時々「魔の交差点」などと取り上げられていますが、交通事故には発生しやすい場所があります。

それらについて1つずつ解説していきたいと思います。

 

・信号のある交差点

信号がある事で油断してしまう人が多かったり、青信号だからとスピードを落とさず侵入する直進車と無理に曲がろうとする右折車の衝突事故が起こりやすくなっています。

 

・横断歩道のある道路

横断歩道は歩行者が優先ですが、歩行者に気付かなかったり、そもそもそれを無視して走行する車との接触事故が発生してしまいます。

 

・見通しの悪い道路

曲がりくねった山道はもちろんそうですが、路地からいきなり子どもが飛び出してくるような生活道路も交通事故が多くなっています。

 

・スピードの出やすい道路

郊外のバイパスや高速道路のような自動車専用道路も交通事故発生件数が多く、原因としてはうっかりミスや雨や雪で滑りやすくなっているという事も考えられます。

 

まだまだ他にも交通事故が起こりやすい場所というのはありますが、要するに皆さんが普段から走っている場所はどこでも交通事故が起こるという事です。

スピードの出し過ぎやスマホなどを見ながらのわき見運転、居眠り運転には気をつけてくださいね。

 

ちなみに江南警察署管内での交通事故発生状況は令和2年9月末時点で人身事故件数401件、死者数2名、負傷者数466名となっています。

今年は新型コロナウイルスの発生による緊急事態宣言中の外出自粛により、交通事故件数はいつもの年よりは少なくなっていますが、これから年末に向けて増えると考えられます。

気持ちよく年を越すためには健康第一、運転する方だけでなく、歩行者、自転車に乗る方も交通事故にはくれぐれも気をつけてくださいね。

また、万が一交通事故被害に遭われたかたは、すぐに岩倉市のハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

治療だけでなく、保険会社とのやり取りなども出来る限りの事はやらせていただきます。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

 

交通事故サイトはこちら

 

 

膝の痛みを軽減するサポーターは効果があるのか?/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2020年10月11日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は膝の痛みを軽減するためのサポーターについてお話させていただきます。

 

当院にも膝の痛みを訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。

一言で膝の痛みと言っても原因は様々です。

スポーツや日常生活中のケガによる半月板と呼ばれる軟骨で出来たクッションの損傷、腱や靭帯といった硬い筋を痛めたもの、加齢による軟骨のすり減りなどが特に多いです。

また、膝関節自体が他の関節とは少し違い、しっかりと噛み合っておらず、太ももの骨とスネの骨が筋肉や腱、靭帯で繋ぐような構造になっています。

そのためとても不安定な関節なのです。

このような構造上の理由から、サポーターはとても有効です。

しかし、サポーターといっても色々な種類があり、どのようなものが良いのか?悩んでしまいますよね。

スポーツなどによる大きな怪我でなければ、私がお勧めするのがお皿の部分に丸い穴が空いたものです。

なぜかというと、膝は曲げ伸ばしした時にお皿が上下に動きます。

これがスムーズに動かなかったり、横に動いてしまうと痛みが生じます。

丸い穴はお皿が横に動かないように出来ているため痛みを軽減してくれます。

最近では穴が空いておらず、縫製の仕方によってお皿が横に動かないように出来ているものもあります。

スポーツでの大きなケガの場合は横にプレートが入っているサポーターが更に安定感があり良いでしょう。

 

また、膝の痛みはケガだけが原因ではありません。

姿勢が悪く猫背なり、身体が前荷重になることによって膝の内側への負担が大きくなり、痛みが発生してしまうのです。

そのような原因の場合、膝に対してのみ電気治療などを行っても、なかなか良くなりません。

骨盤矯正や猫背矯正など、骨格から整えていかないと根本的な治療にはなりません。

ハンズ治療院・整骨院では、膝の痛みに対してハイボルテージや立体動態波などの痛みを取り除く電気治療や、骨盤矯正・猫背矯正など根本的な治療も行なっております。

 

膝の痛みに対してサポーターは有効な手段の一つですが、痛みを繰り返さないお身体を作る事が重要です。

膝の痛みでお困りの方は、ぜひお早めにハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

骨盤矯正による根本治療についてはこちら

 

交通事故の起こりやすい状況とは/岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2020年10月4日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は交通事故の起こりやすい状況についてお話させていただきます。

 

真夏の猛暑も過ぎ去り、やっと秋らしくなってきましたね。

涼しくなって過ごしやすくなりました。

本来なら行楽の秋という事で、観光などに出かける方も多い時期ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で控えている方も多いかもしれませんね。

しかし緊急事態宣言時に比べると、やはり交通事故は増えているとの事です。

では、どのような時や場所で交通事故は起こりやすいのでしょうか?

・カーブが多くて見通しの悪い道路

・市街地などの生活道路

・信号のある交差点

・横断歩道のある道路

・暗くなったら早めにライトを点灯させる

・時間に余裕を持って行動する

・適切な車間距離を取る

このような状況で交通事故が起こりやすくなります。

 

また、時間帯によっても交通事故件数は増えます。

1つは通勤、通学の時間帯です。

これは単純に交通量が増えるということもあるのですが、朝の通勤時間帯は気が焦ってしまうという事があります。

運転時は時間に余裕を持って行動しなければいけませんね。

2つ目は夕方から夜にかけての時間帯です。

夕方の中途半端な暗さの時間はライトを点灯せずに走行する車もあり、視認性が低下してしまいます。

早めにライトを点灯する事が大事ですね。

 

また以前は曜日によっても交通事故件数に変化があると言われていました。

特に週末に多くなると言われていましたが、最近ではライフスタイルの変化により、週末が休みという方ばかりではなくなったため、以前よりは曜日ごとの変化は少なくなっているようですが、やはり週末は増える傾向にあるため気を付けなければなりません。

 

あとは車の色によっても交通事故の多い色というのがあるそうです。

紺色はドライバーの視界に入りにくいことや、実際よりも車が遠くにあるように見えるらしいのです。

逆にシルバーは交通事故に遭いにくいというデータもあるようです。

これは太陽光を反射して遠くからでも目立つからだと言われています。

 

かなり簡単に色々とお話しさせていただきましたが、交通事故に遭わないようにするためには、時間と気持ちに余裕を持ち、譲り合いの精神で運転する事が大事ですね。

 

万が一交通事故に遭ってしまった時は、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にご相談くださいね。

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故サイトはこちら

 

首から手にかけてのしびれの原因とは/岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2020年09月27日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は首から手にかけてのしびれの原因についてお話しさせていただきます。

 

当院にも首から手にかけてのしびれでお悩みの患者様が多くいらっしゃいます。

悪化すると痛みで眠れない、手に力が入らない、首が動かせないなどさまざまな症状を引き起こします。

何が原因か?

治療はどのように行うのか?

詳しく説明させていただきます。

 

まず原因としては大きく分けると2つになります。

1つ目は首の神経の出口の所で神経が圧迫されて起こるものです。

首の骨が変形していたり、その他にも何らかの理由で神経の出口が狭くなってしまい、神経が圧迫される事でしびれが出現します。

2つ目は硬くなった筋肉に圧迫されて起こるものです。

特に鎖骨や肋骨の狭い隙間を通る時に、その周りの硬くなった筋肉に圧迫されることによってしびれが起こります。

要するにしびれは何かに圧迫される事で発症する事が多いという事です。

 

では、どのように治療するのか?

 

1つ目が電気治療です。

当院ではハイボルテージや立体動態波といった電気治療機を使い、圧迫による神経の痛みや興奮を抑えます。

2つ目が鍼灸治療です。

首から手にかけてのしびれの症状が出ている所に、神経の走行に沿って鍼やお灸を行い症状を改善します。

3つ目が手技療法です。

硬くなって神経を圧迫している筋肉をマッサージなどによって緩めてしびれを改善していきます。

 

このようないくつかの方法で首から手にかけてのしびれの治療を行なっていくのですが、しびれは1度出ると回復がとても緩やかです。

ですから、患者様にも普段の生活の中で気を付けていただきたい事があります。

先程も説明しましたが、筋肉が硬くなるとしびれが出やすくなります。

筋肉が硬くなる原因としては

・同じ姿勢が続く

・冷える

などがあります。

デスクワークなどで同じ姿勢が続く方は、適度に休憩を取ってストレッチなどをすると良いでしょう。

また、冷房の冷えや気温が下がって冷えないようにも気を付けてください。

 

首から手にかけてのしびれでお悩みの方は、岩倉市のハンズ治療院・整骨院にご相談ください。

 

※ハイボルテージによる治療中

 

ハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

首から手にかけてのしびれの治療はこちら

 


1 2 3 4 5 22

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る