シンスプリント

アスリートケアもお任せください!

このようなお悩みはありませんか?

  • すねの内側が痛む
  • 運動をするとすねの内側が痛む
  • 歩いたり走ったりするだけで痛む
  • 早く競技に復帰したい
  • いろいろな整体や接骨院へ行ったが回復しない

シンスプリントとは?|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎とも言われ、下腿の内側下1/3に痛みが発生します。

運動や負荷時の鈍い痛みが特徴です。

スポーツなどの過負荷にともない初期の段階では走ったり、押したりすると痛みが出ますが、進行すると何もしなくても痛くなることがあります。

シンスプリントは部活などスポーツを始める中学生、高校生から見られ、男女差は筋肉量の比較的少ない女性に多く見られます。

シンスプリントの原因|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

主な原因は跳ぶ、走るなどの運動による負荷であり、負荷が積み重なって起こる(オーバーユース)が最も多い原因になります。

長距離走、跳躍競技、バスケットボール、バレーボールなどの競技で多くシンスプリントが見られます。

繰り返す負荷により筋肉の柔軟性が失われ、下腿の筋肉である「下腿三頭筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」などが硬化し、これらの筋肉が運動の度に筋肉と骨の付け根である「骨膜」を繰り返し引っ張ることで炎症が起こる「骨膜炎」により痛みが出ることが原因です。

シンスプリント施術|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

岩倉市のハンズ治療院・整骨院ではまず整形外科的な検査を行います。その上で適切な施術をさせていただきます。シンスプリントで気を付けなければいけないのが脛骨(すね)の疲労骨折です。もし骨折の可能性がある所見がみられた場合は病院、整形外科を紹介させていただきます。

 マッサージ施術

柔軟性を失っている下腿三頭筋、後脛骨筋、長母趾屈筋などシンスプリントに関わる筋肉を緩めていきます。

また関連して筋肉の緊張を引き起こしていることが多い、腰部、臀部、大腿部のケアも併せて早期回復とスポーツコンディショニングを行ないます。

 

 ハイボルテージ施術

痛みや炎症を起こしている部位に消炎鎮痛効果を目的にハイボルテージ施術を行ないます。

痛みを抑制するだけではなく、組織の回復を促します。

アスリートケアに欠かせない施術機器です。

 スポーツテーピング

ハンズ治療院・整骨院ではKTテープという有名スポーツ選手も愛用するテーピングを行ないます。負担のかかっている筋肉、部位を保護することによりコンディショニングの向上と回復促進を目指します。

 

シンスプリント、足の痛み、スポーツでのケガ、スポーツコンディショニングは岩倉市のハンズ治療院・整骨院へご相談ください。

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る