岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

風邪は肩で治療! 岩倉市ハンズ治療院整骨院

2016年11月30日

こんにちは。岩倉市のハンズ治療院・整骨院の岡田由紀です。

最近身に染みるような寒さの日が多くなってきましたね。

寒暖の差が大きく、空気も乾燥しているので、体調を崩し風邪気味の人も多いと思います。

 

風邪の人におすすめの治療は肩から肩甲骨のあたりを治療していくことをおすすめします。

東洋医学の考え方では、肩から肩甲骨の間から悪いものが入ってくることで風邪をひきます。

悪化してくると脇腹の方まで侵されます。

死を考えるくらいひどくなってくると胸の方まで侵されてしまいます。

 

普通の風邪は肩から肩甲骨のあたりで留まっていますので、そこを治療していくと治りが早まります。

「温める」

「血行を良くする」

「肩、肩甲骨周りの筋肉を柔らかくする」

上記の3つをやるといいのですが、それにはお灸が一番オススメです。

 

お灸は表面を温めるのではなく、筋肉の奥の方まで熱が浸透し温めます。

お灸をすると白血球の数が増え、風邪のウイルスを退治します。

筋肉が温まることによって血行が良くなり、筋肉が柔らかくなります。

体力が落ちていたりしても疲れにくい優しい刺激です。

(かなり体力が落ちているとマッサージなどでは疲れてしまう場合があります)

体力がそこまで落ちていなければ、鍼灸やマッサージやストレッチなどでも血行が良くなり、筋肉が柔らかくなっていきます。

オススメはお灸が一番ですね。

 

すぐに治療に来られない時の対処についてもお話しします。

「肩から肩甲骨のあたりをホッカイロで温める」

「お風呂で芯まで温まる」です。

昼間はホッカイロで温めて、夜はお風呂で温める。

芯まで温まると免疫機能が向上して風邪も治りやすくなります。

風邪の症状のくしゃみ、咳、鼻をかんだりすると首から腰の筋肉にかなり負担をかけます。

その時にぎっくり腰や寝違いをしてかなり辛い思いをする人も多くいます。

筋肉を柔らかく保てるとおこりにくくなります。気を付けることで防げる痛みもあります。

「ホッカイロとお風呂」どうしても来られない時、試してみてくださいね。

お灸についてはこちら

岩倉市のハンズ治療院・整骨院のホームはこちら

 

 

骨盤矯正|岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2016年11月27日

こんにちは

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回は骨盤矯正のお話をさせていただきたいと思います。

 

最近、急に寒くなってきた影響か、背中や腰を痛める方が増えています。

冷える事で筋肉が硬くなり、ちょっとした動きで痛めてしまっているようです。

 

ただ、みなさんのお身体を触らせていただいていると、身体の右か左の片側が特に硬くなっている方が多いように感じます。

 

これは冷えだけが原因なのか?

 

そうではありません。

冷えだけなら全体が硬くなるはずです。

ではなぜ片側が硬くなるのか?

それは

 

骨盤や背骨などの骨格が歪んでいるからです。

 

骨格が歪めば全体のバランスが悪くなり、同じ所に負担が集中して筋肉が硬くなり、それが痛みに繋がっているのです。

 

痛みを取り除いたり、筋肉を緩める事は、電気治療やマッサージなどでも十文可能です。

しかし、元々の原因である骨格の歪みを整えなければ、また同じ痛みを繰り返す可能性が大きくなります。

なので必要なのは

 

骨盤矯正による根本治療です。

 

「痛みが無くなった=治った」と考える方がほとんどかもしれませんが、痛みを取るのは治療の第一歩に過ぎません。

 

痛みを取ってからが本当の治療なのです。

 

骨盤矯正をして骨格を整え、全体の筋肉のバランスを整える事で、今後同じ痛みを出さないようにするのが本当の治療なのです。

 

骨盤矯正と聞くとバキバキされて痛そう、というイメージを持っている方も多いようですが、ハンズ治療院・整骨院での骨盤矯正はトムソンベッドを使った

 

全く痛くない骨盤矯正なのです。

 

ゴツい見た目と大きな音で、少し怖く感じるかもしれませんが、矯正中にトムソンベッドの上で寝てしまった方がいるぐらいなのでご安心ください。

 

今の痛みを取り除くだけでなく、今後同じ痛みを繰り返さない身体作りをお考えの方は、ぜひハンズ治療院・整骨院にお越しください。

 

ハンズ治療院・整骨院 公式HPはこちら

 

骨盤矯正はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深層筋を『鍛える』| 岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2016年11月27日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

 

前回の投稿でインナーマッスルについてふれましたが、重要性を説いたところで実際にどのような取り組みができるかというトコロが問題です。

1つは、「緩める」

これは手技・ストレッチやトムソンベッドの効果により拘縮を緩和することです。

血流がよくなり不快な症状を解消できることでしょう。

いわばマイナスの状態(強い痛み、コリ)を0に近づけるわけで、また同じような生活習慣や姿勢に戻れば症状もまた繰り返してしまう恐れがあります。

整えた筋肉に再び辛い症状を引き起こさせないためには

「鍛える」ことが不可欠であります。

ただ鍛えるといってもインナーマッスルを鍛えるのはとても大変です。数か月~数年単位で地道に反復していく必要があります。

いかにインナーマッスルの重要性を理解していてもボクのようなぐうたら者には難しいと感じます。

 

そ・こ・で、

当院の新しい治療機器の出番です。

その名も『楽トレ

複合高周波EMSで全身の筋肉、鍛えにくいインナーマッスルをしっかり鍛えることができるんです。

整えた骨格や骨盤を効果的に支持できること間違いなしです。

 

ダイエットや痛みのケア、スポーツのパフォーマンス向上にもオススメです。

近日公開予定です!乞うご期待!

ハンズ治療院・整骨院の骨盤矯正についてはコチラ

ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

深層筋ってナニ?| 岩倉市のハンズ治療院・整骨院

2016年11月15日

こんにちは。

岩倉市で骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますハンズ治療院・整骨院、スタッフの倉橋です。

 

「インナーマッスル」

聞いたことありませんか?

体の内側にある筋肉。骨や関節に付着して関節の安定と固定のために働いています。

さらにインナーマッスルは体の動作に使われるアウターマッスルを支える役割も担っています。

 

慢性的な肩や腰の痛み辛さの原因になりうるのがインナーマッスルの拘縮や衰えと言われています。

インナーマッスルがしっかりはたらかないとアウターマッスルで身体を支えるため体は重く緊張した状態になってしまいます。

なのでアウターマッスルを揉んだりストレッチしても一時的に楽にはなりますが、またしばらくするとおなじような症状を繰り返して根本的な改善にはなりません。

 

当院の根本改善治療においては、トムソンベッドのドロップ機能を用いて骨格の調整と共に手技ではアプローチしづらいインナーマッスルを操作します。体の負担もなく短時間で効果が得られます。

深層筋調整では、文字通り深層筋・インナーマッスルを心地よくストレッチして偏ったバランスを整えます。

 

なにかと重要なインナーマッスル。

当院の根本改善メニューでしっかり整えましょう!

・・・さらに「鍛える」コトも・・・

to be continued

ハンズ治療院・整骨院の骨盤矯正についてはコチラ

ハンズ治療院・整骨院の公式HPはコチラ

ギックリ腰|岩倉市 ハンズ治療院・整骨院

2016年11月14日

こんにちは

ハンズ治療院・整骨院の伊藤昌樹です。

今回はギックリ腰についてお話させていただきたいと思います。

 

最近、急に冷えてきたせいかギックリ腰で来院される患者さんが増えています。

 

みなさんにお話を伺うと、特に変わった事をしたわけではなく、立ち上がった、下の物を拾った、子どもを抱っこしたなど、日常で普通にしている事でギックリ腰になった方ばかりです。

 

ではなぜギックリ腰になったのか?

 

そもそもギックリ腰とは、何らかの動きによって腰の筋肉や、筋肉を包んでいる膜(筋膜)を損傷したものの総称であります。

その痛みには個人差があり、中には立ち上がる事も出来ない方や、杖をつかないと歩く事が出来ない方もみえます。

 

日常の疲労や最近の冷えで硬くなった筋肉が、その動きに耐えられずに傷がついたり、部分的に切れたりして起こります。

 

どのように治療するか?

ハンズ治療院・整骨院ではプロのスポーツ選手が、少しでも早く怪我を治したい時に使っている『ハイボルテージ』という治療器を使います。

これは電気の刺激で痛みを抑え、同時に出ている超音波で損傷した組織を修復するという特殊な器機であります。

痛めた直後に使用するととても効果的なので、万が一にも痛めた場合には、腰に限らずどの部位にでも使用する事が出来ますので、早く来院していただきたいと思います。

 

ギックリ腰にならないためには、冷やさない、普段からストレッチなどをして柔軟な筋肉を維持する事がとても大事です。

 

これからの季節は特に気を付けなければいけない時です。

まだ少し先ではありますが、気分良く年を越すためにも、まずはお身体に気を付けてくださいね。

 

ハンズ治療院・整骨院 公式ホームページはこちら

 

腰痛についてはこちら

 

産後骨盤矯正は大切です!岩倉市 ハンズ治療院・整骨院

2016年11月10日

こんにちは!
岩倉市のハンズ治療院整骨院の岡田由紀です。

今回は産後の骨盤矯正についてお話ししていきたいと思います。

産後に骨盤を整える必要があると、ふわっとしたイメージがあっても、どうして必要になるのかよく分からないひとが多いと思います。

妊娠中はリラキシンというホルモンがでてきて、赤ちゃんが育っていく場所を作るために全身の関節やじん帯などをゆるゆるにして、いきます。
そのホルモンがでてくれるから、お腹が大きくなっていけるのです。
出産後、骨盤が大きくなっている必要が無くなって、骨盤は締まっていくのですが、締まり方がきれいに締まってくれればいいのですが、なかなか難しいです。
骨盤を支える骨盤底筋群がしっかりしていれば、戻っていきやすいですが、現代人は弱いひとが多いです。
文明社会になってしまったが為に、自分の足で歩き回ったり、肉体労働も昔に比べたら減っています。
医師に「胎盤が低い」といわれたり「切迫流産」になりかけたり、なったという方が昔より多くなっているのは、骨盤底筋群が弱ってしまって胎盤を支えきれなかった為に、胎盤が落ちてきてしまっているかたが多いということです。
骨盤を支えてくれている骨盤底筋群が弱い上に、妊娠出産でガタガタに傷ついた状態で、骨盤が締まっていくのはなかなか難しいと思います。
骨盤ベルトで支えることも大変重要ですが、正しい状態でベルトで支えるのが理想です。
ゆがんだまま締めてしまうのはもったいないです。
そして産後の骨盤は通常よりも大きく動いているので、大きくしっかりと整える必要があります。
大きく動かすのは、先ほどお話ししたリラキシンが出ている間だと骨盤を整えやすいです。
骨盤そのホルモンは、産後もしばらくでているのですが、徐々にそれも減っていきます。
産後1年までに整えるのがおすすめです。

骨盤と一緒に筋肉や姿勢を整え、本来の姿を作っていきましょう!

産後、あちこちの痛みがでてくることがあります。

痛みが強い方はマッサージなどで筋肉を緩める手技を行うなど、状態に応じておこなっていきます。

まずはご相談くださいね!

岩倉市ハンズ治療院整骨院のホームはこちら

産後骨盤矯正についてはこちら



お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る