岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

最近話題の糖質制限について/岩倉市ハンズ治療院・整骨院

2021年08月18日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は最近話題の糖質制限についてお話させていただきます。

 

最近コンビニやスーパーに行くと、糖質制限を意識した商品が数多く見られます。

その背景にはコロナの影響で運動不足による肥満や、おうち時間が増えた事により食べる事への関心が高まっている事が考えられます。

 

糖質制限とはその名の通り、摂取する糖質を制限しましょうという事です。

では何故糖質を制限するのか?

 

糖質は人間の身体を動かすエネルギーですが、ご存知の通り摂り過ぎると肥満になってしまいます。

食事で糖質を摂ると血糖値が上がります。

血糖値とは血液中の糖質の量です。

血糖値が上がると血管を傷つけるなど支障が出るので、一定に保たれるようになっています。

血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌され血糖値が下がります。

人間の身体にため込んでおける糖質の量は限られているため、余った糖質は脂肪細胞内に中性脂肪として蓄えられます。

そのため糖質を摂り過ぎると肥満になってしまうのです。

 

人間のエネルギー産生システムは大きく分けると2つあります。

1つは糖質をエネルギーとする解糖系、もう1つは脂質を代謝してエネルギーを作り出す脂質代謝系です。

解糖系のメリットは摂取した糖質がすぐにエネルギーに変換されるところです。

スポーツ選手が試合前にバナナを食べるのはそのためです。

しかし先程もお話ししたように、身体に蓄えておける糖質の量は限られていて、約5時間ほどで使い切ってしまいます。

すると空腹を感じて食べたくなってしまいます。

食べる→使う→食べる→使う、これを繰り返す事によって摂り過ぎた糖質が脂肪になってしまうのです。

 

これに対し脂質代謝系は脂肪細胞に蓄えられた脂肪をエネルギーにするので痩せる事ができるのですが、このシステムが働くのは解糖系で糖質を使い切った後なのです。

食べる→使うを繰り返すと常に解糖系でのエネルギー産生ばかりになってしまい、脂質代謝系は働く機会がなくなってしまいます。

そこで摂取する糖質を制限する事で、エネルギー産生を解糖系ではなく脂質代謝系にしましょう、というのが糖質制限の目的です。

 

まだまだお話ししたい事はたくさんあるのですが、続きはまたの機会にしたいと思います。

 

岩倉市のハンズ治療院・整骨院では、皆様のお身体をトータル的に診させていただくために、痛みの治療や骨盤・骨格の矯正だけでなく、栄養面でも様々なアドバイスもさせていただいております。

お身体に不調を感じた時は、お早めにご相談ください。

 

岩倉市のハンズ治療院・整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故サイトはこちら

 

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る