岩倉市ハンズ治療院・整骨院のスタッフブログ

産後骨盤矯正は岩倉市、江南市のハンズ治療院にご相談ください

2022年05月22日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は産後骨盤矯正についてお話しさせていただきます。

 

今年はGWが終わっても朝晩は寒い日が続きますね。

寒暖差が激しいことから、自律神経が乱れやすくなり原因の分からない不調を訴える方もいらっしゃいます。

体調にはくれぐれもご用心ください。

 

さて、最近は産後骨盤矯正を希望されて来院される方が多くいらっしゃいます。

数年前まではここまで多いニーズではありませんでしたが、皆様の健康意識が高まっているのでしょうね。

 

産後の骨盤はガタガタです。

お腹の赤ちゃんが大きくなるため、出産時に産道を通るため、リラキシンという特殊なホルモンの影響で骨盤は緩くなり広がります。

 

では、産後は自然に骨盤は締まるのでしょうか?

 

そんな事はありません。

産後でも半年から1年はリラキシンの影響もあり緩い状態が続きます。

その後は徐々に固まってくるのですが、しっかりと産後骨盤矯正をしておかないと、広がり歪んだまま固まってしまいます。

その広がったスペースに内蔵が落ち込んできて、それがポッコリお腹の原因になってしまいます。

正しい位置にない内臓は正しく働く事ができないため、胃腸の調子が悪くなったり、生理痛、生理不順などを引き起こします。

 

骨盤が広がったせいで産前は履けていたズボンが履けなくなるなど、健康面、美容面にも悪い影響が出てしまいます。

 

骨盤は身体の土台です。

その土台が歪む事で腰痛にもなってしまいます。

 

では何故産後の骨盤は歪んでしまうのか?

 

先程もお話ししたようにリラキシンの影響と、もう一つは骨盤を支える骨盤底筋などのインナーマッスルが緩んで弱くなってしまうからです。

骨盤が広がるためには周囲で骨盤を支えている筋肉が緩む必要があります。

しかし一度緩んだインナーマッスルが産後自然に引き締まるという事はありません。

ですから産後骨盤矯正は骨盤を整えるのと同時にインナーマッスルを鍛える必要があります。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院では、トムソンベッドを使った安全で痛くない産後骨盤矯正と楽トレ(EMS)での筋トレで、産後の骨盤を整えるのと同時にインナーマッスルを鍛えていきます。

 

バウンサーやバンボ、おもちゃ、YouTubeなどをご用意しているので、皆さん子どもさんと一緒に来ていただいております。

産後の腰痛、生理痛、生理不順、胃腸の不調などでお悩みの方、産後骨盤矯正をご希望の方はは岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご相談ください。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

産後骨盤矯正はこちら

交通事故に遭ってしまったらこちら

ファスティングでダイエットや体質改善したい方はこちら

 

最近多いギックリ腰や捻挫の施術は岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院へ

2022年05月8日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は最近多い捻挫やギックリ腰に対する施術についてお話しさせていただきます。

 

毎年そうなんですが、3、4月はギックリ腰になる方が多いです。

理由としては暖かくなってきたことで活動量が増える事と、しかしまだまだ寒暖差が激しくて寒くなった時に身体が冷えてしまい、筋肉が硬くなったところに急な負荷がかかってギックリ腰になってしまいます。

また、スポーツ部に所属している学生の方だと、大会が近くて練習がハードになったり、新入生はまだ身体ができていない状態で激しい練習をする事で捻挫してしまう方も多いです。

ちなみにギックリ腰も捻挫の一種です。

ではギックリ腰とはどのような状態なのか?

筋肉はゴムの束のようなものです。

柔軟性があればある程度の急激な負荷にも瞬間的に伸び縮みしてくれるのですが、冷えたり疲労が溜まった状態だと筋肉が硬くなってしまい、急な負荷に耐えきれずに切れてしまうのです。

そのような事が腰で起きるとギックリ腰、関節の周りで起きると捻挫になります。

捻挫の場合は筋肉だけでなく、腱、靭帯、関節包という軟部組織全体の損傷になります。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院ではギックリ腰や捻挫に対して、ハイボルテージという痛みを取り除いたり、傷ついた組織の修復を早める電気治療器で早期の回復に努めます。

 

しかし、捻挫やギックリ腰が油断できないのはここからです。

痛みは治りますし、動きも良くなるのですが、痛めた部分の筋肉は100%硬さが残ります。

しかし痛くなくなるので完治したと思い、何気なく動いた瞬間に再発してしまうのです。

そして何度も同じ場所を痛めると、そこの組織自体が弱くなってしまい、軽い負荷でも捻挫やギックリ腰を引き起こしてしまいます。

これがいわゆる「クセになる」というやつです。

そうならないように痛みを取り除いた後は、硬くなった筋肉や腱、靭帯を柔らかくするためにマッサージやストレッチを継続的に行うことが重要です。

 

今年は5月になっても冷える日があるため、ギックリ腰の方が多く来院されます。

ギックリ腰や捻挫がクセにならないように施術だけでなく、セルフケアのやり方もご説明させていただきます。

捻挫やギックリ腰になってしまったら岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご相談ください。

 

ハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故についてはこちら

どうしても痩せたい方はこちら

ゴールデンウィークお休みのお知らせ/岩倉市 ハンズ治療院・整骨院

2022年04月29日

こんにちは

岩倉市のハンズ治療院・整骨院です。

2022年ゴールデンウィークお休みのお知らせ

4月29日(金)通常営業

4月30日(土)通常営業

5月1日(日)お休み

5月2日(月)通常営業

5月3日(火)お休み

5月4日(水)お休み

5月5日(木)お休み

5月6日(金)通常営業

5月7日(土)通常営業

連休中は車での移動も増えることと思います。

くれぐれも安全運転を心がけ、楽しい連休をお過ごしくださいませ。

万が一、交通事故に遭われた際は岩倉市のハンズ治療院・整骨院へご相談ください。

万全のサポートでお力になります。

交通事故治療

肉離れの施術もハンズにお任せ!/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年04月24日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は肉離れに対しての施術についてお話させていただきます。

 

春らしい陽気になってきましたね。

寒暖差が激しくて、風邪など引いていませんか?

運動するにも良い季節になり、通勤途中にジョギングしている人を見かける機会が増えました。

コロナ禍で外出の機会が減り、運動不足になった方も多いのではないでしょうか?

これではイカン!と急に運動をして起こるのが捻挫や肉離れですね。

 

そもそも肉離れとはどういう状態なのか?

 

程度の大小はありますが、肉離れは筋肉の断裂です。

筋肉が完全に切れてしまった完全断裂と、部分的に切れた部分断裂があります。

完全断裂は手術の適応になる事が多いですが、部分断裂は接骨院でも施術が可能です。

 

ハンズ治療院での部分的な肉離れに対しての施術は、第一に痛みを取り除いたり、断裂部分の修復を促進するためにハイボルテージでの施術を行います。

これも断裂の程度によってですが、微小な断裂であれば電気刺激での疼痛緩和と微弱電流での回復促進、もう少し大きな断裂に対してはMCRという微弱電流のみを行う場合があります。

MCRはヒトの体内で流れる、ケガの修復を促す「損傷電流」と同レベルの電気を流す事で修復を早めます。

何も電気刺激を感じないため、何をされているか分からないかもしれませんね。

MCRはケガの修復を早めるだけでなく腫れや熱感、内出血を早期に抑えます。

これにより回復を早めています。

同時にテーピング固定を行う事で、患部の保護や固定、筋肉の動きをサポートします。

ある程度回復してきたら、超音波の刺激で筋肉の深い部分まで温めながらストレッチなどを行い、肉離れで硬くなってしまった筋肉の柔軟性を取り戻します。

これをしないで硬いままにしておくと再受傷してしまいます。

 

楽しく長く運動を続けるには怪我をしない事が大切ですが、万が一捻挫や肉離れを起こしてしまったらケガの治療が得意な岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご相談ください。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故に遭った時はこちら

ファスティングダイエットについてはこちら

 

 

捻挫したらハンズにご連絡を/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年04月13日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は捻挫の施術についてお話しさせていただきます。

 

新学期が始まり、新入学の学生の方はどんな部活に入ろうかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に運動部に入る方に付き物なのが「捻挫」ですね。

私自身も小学校の頃からサッカー部に入り、中学、高校とサッカー部で頑張っていました。

ちなみに今でも高校のサッカー部で一緒だったヤツらと毎週日曜日にサッカーをやっています。

 

そもそも私がこの仕事を始めたのは、サッカーでやった捻挫がきっかけでした。

小学校、中学校の頃はよく捻挫をして近所の接骨院に通っていました。

私はその接骨院の先生が大好きで、あの先生のようになりたいと思ったのです。

 

捻挫とは関節の周りの筋肉、腱、靭帯、関節包と言った軟部組織と呼ばれるものが損傷したものです。

捻挫をすると腫れますが、これは血液や組織液といった液体成分が血管外や細胞外に漏出して起こります。

ですから捻挫直後は冷やして血行を悪くする必要があります。

 

また、捻挫直後は炎症が起こります。

炎症とは生体に良くない刺激が加わった時に起こる防御反応で、発赤、熱感、疼痛、腫脹、機能障害という五大徴候が起こります。

これも温めると悪化してしまい、痛みが強くなったり症状が長引いてしまうので冷やします。

 

冷やし方も重要です。

氷嚢があればその中に氷を入れて、少し水を入れます。

水を入れる理由は、霜の付いた氷は0℃以下になっていて凍傷の恐れがあるためです。

氷嚢が無ければビニール袋を二重にして破れないようにして使います。

氷嚢を患部に当てて感覚が無くなるまで冷やし、感覚が無くなったら5分ほど外し、また感覚が無くなるまで冷やします。

こうする事で炎症や出血を緩和して症状の悪化を防ぎます。

 

応急処置をしたらすぐに岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院に来てください。

痛みや炎症を抑えるハイボルテージ治療を行う事で痛みや腫れを緩和して治りを早めます。

同時にテーピング固定を行い、できる限り患部への負担を減らします。

 

スポーツに捻挫は付き物ですが、少しでも早く復帰できるように施術させていただきます。

捻挫の治療は岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にお任せください!

 

ハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故に遭った時はこちら

痩せたい方はこちら

 

交通事故被害に遭ってむちうちになったら/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年03月30日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は交通事故被害に遭い「むちうち」になった時の対応についてお話させていただきます。

 

たくさんの患者様とお話しさせていただいていると、やはり年度末や年度初めは環境の変化があるようですね。

引っ越し、長期出張、転職など大きな変化があるようです。

皆さん、体調に気を付けて頑張ってくださいね!

 

さて、これまで何度も書いてきましたが、4月は交通事故の多い時期です。

追突事故に遭って最も痛める可能性が高く、症状が長引きやすいのが首を痛める「むちうち」です。

捻挫に含まれる「むちうち」は首の筋肉の損傷や、首の骨(頚椎)のごく僅かなズレなどで痛みを引き起こします。

ちなみに前回書かせていただいた捻挫後の処置の温めるor冷やすの答えですが、捻挫やむちうちの直後は傷付いた筋肉から出血している可能性が高く、また炎症を起こしていると思われます。

温めてしまうと悪化するので冷やしましょう。

感覚が無くなるまで冷やしてもOKです。

出血や炎症は3日から長くても一週間で治るので、その後は損傷部に栄養を送り届け、痛み物質を取り除くために温めましょう。

温めるか冷やすか分からない時は、消炎鎮痛のシップを貼る事をお勧めします。

「むちうち」も捻挫の一種なので交通事故直後は冷やすようにしましょう。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院では、ハイボルテージや立体動態波で、傷付いた筋肉の修復や回復を早め、同時に炎症を抑えます。

出血や炎症が長引くほど、回復にも時間がかかってしまうのです。

そして炎症期が過ぎたら、次は逆に温めます。

マッサージやストレッチを行い、硬くなった筋肉を緩めて血行を良くし、症状の早期の改善を図ります。

 

スポーツによる捻挫や交通事故後の「むちうち」は、初期の対応を間違えると症状が長期化されてしまいます。

どうしたら良いのか分からない時はすぐに岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご連絡ください。

電話で応急処置の方法などもご説明させていただきます。

 

むちうち治療はこちら

交通事故サイトはこちら

ファスティングダイエットについてはこちら

 

足首、指、交通事故後のむちうちなどの捻挫の施術について/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年03月16日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回も前回に引き続き捻挫の治療についてお話しさせていただきます。

 

暖かくなってきましたね。

最高気温が20℃を超える日が出てきて暖房なしでも過ごせるようになり、春を感じるようになってきました。

 

暖かくなってくると、皆さんやりたい事が色々と出てきて、ついつい頑張り過ぎてしまう方もいらっしゃいます。

冬の間はあまり動いていなかったのに、急に動きすぎる事で痛めてしまう方も増えてしまいます。

スポーツによる足首や突き指などの捻挫も増えますし、これから増える交通事故後のむちうちも首の捻挫に分類されます。

 

前回もお話しさせていただいた通り、捻挫の定義は「関節周囲の軟部組織の損傷」であるため、筋肉や腱、靭帯、関節を包む関節包などを痛めたものになります。

これらに急激な負荷が加わると、部分的に傷が付いたり切れてしまいます。

そこから出血を起こす事で腫れてしまうのです。

腫れが酷くなると痛みが強くなったり、治りが遅くなってしまうので、そのような時は安静にして冷やしてください。

冷やすか温めるかは難しい判断になるので、次回詳しくお話しさせていただきます。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院では、このような捻挫に対して第一選択として電気治療を行います。

ハイボルテージや立体動態波で痛みを緩和し、微弱電流で組織の回復や修復を促進します。

人間の身体は全て電気信号によって動いています。

ケガをすると身体の中で「損傷電流」という電気が流れ、そこにケガを治すための物質が集まってくるのです。

微弱電流は身体の外から損傷電流と同じレベルの電気を流す事で治癒を促進します。

何も感じないので、何をされているのか分からないかもしれませんが、非常に効果のある電気なのです。

 

スポーツで捻って捻挫した、交通事故でむちうちになってしまったなどの捻挫をしてしまったら、すぐに岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご相談ください。

 

ハイボルテージ治療についてはこちら

交通事故後のむちうち治療についてはこちら

ダイエットしたい方はこちら

3月14日~17日、改修工事のため休診になります。

2022年03月12日

患者さま各位

 

誠に勝手ながら

令和4年3月14日(月)から17日(木)まで改修工事のため休診させていただきます。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。

 

院長

 

捻挫などの急性外傷の治療はハンズにおまかせ!/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年03月2日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は捻挫の治療についてお話しさせていただきます。

 

やっと真冬の寒さも遠のき、少しずつ春を感じる日が出てきましたね。

冬の間の運動不足を解消するために、スポーツを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、いきなり激しい運動をすると、捻挫などのケガに繋がってしまいます。

これは私の個人的な印象ですが、3月は捻挫やギックリ腰など急性外傷が多いように感じます。

 

皆さんの印象では捻挫は捻って痛めたものとお考えの方も多いと思いますが、捻挫の定義は「関節周囲の軟部組織の損傷」となります。

軟部組織とは筋肉、腱、靭帯、関節包などの骨以外の物を指します。

部位で多いのは足首になると思いますが、突き指やギックリ腰なども捻挫に含まれます。

症状としては赤く腫れて熱感があり、動かすと痛いということになります。

運動中に転倒したり、相手と接触した際に軟部組織が損傷されて、部分的に傷がついたり切れたりする事で出血を起こします。

この出血の影響で腫れたり熱感が生じます。

ですから出血を抑えるためにRICEと呼ばれる応急処置をする必要があります。

R(レスト):安静

I(アイシング):冷却

C(コンプレッション):圧迫

E(エレベーション):挙上

これらを行う事で症状の悪化を防ぐ事ができます。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院では、捻挫などの急性外傷に対してハイボルテージや立体動態波などを用いて痛みを早期に取り除く、組織の修復を促進するなどの治療を行います。

また、症状によってテーピングでの固定も行います。

しかし、ここで気を付けなければいけないのが骨折です。

骨折にも色々とあるのですが、腱や靭帯が骨から剥がれる「剥離骨折」を見逃さない事です。

正確な事はレントゲンを撮らなければ分かりませんが、圧痛や腫脹などの症状の強さや、ケガをしてからの経過などを総合して骨折の有無を判断します。

万が一骨折の疑いがある場合は整形外科の受診をお勧めさせていただきます。

 

暖かくなって急に運動をして痛めたり、スポーツを頑張っていてケガをしてしまった学生の皆さま、そういう時はすぐに岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院にご相談ください。

治療開始が早いほど回復も早いですからね。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故サイトはこちら

ファスティングダイエットについてはこちら

 

春は耳鳴りやめまいなどの体調不良にご用心/岩倉市、江南市ハンズ治療院•整骨院

2022年02月16日

こんにちは

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の柔道整復師の伊藤昌樹です。

今回は耳鳴りやめまいなどの原因の分かりづらい症状についてお話させていただきます。

 

2月も中旬を迎えて、日によっては暖かく暖房がいらない時間帯も出てきましたね。

少しずつ春を感じるようになってきました。

しかし、春は私の個人的な印象では耳鳴りやめまいなどの原因のよく分からない症状が出やすく、体調を崩しやすい季節だと思っています。

当院にもいわゆる不定愁訴と呼ばれる原因がはっきりしない症状で来院される方もいらっしゃいます。

 

耳鳴りやめまいなどは肩こりから来る場合も多く見られます。

首や肩の筋肉が硬くなり、頭の方に行く血液の流れが悪くなる事によって症状が出てしまうのです。

これらに対しては電気治療やマッサージなどで硬くなった筋肉を緩める事によって改善が期待できます。

 

また、寒暖差が大きくなる事で自律神経が乱れやすくなります。

これによって耳鳴りやめまいなどが引き起こされる事も多いです。

肩甲骨の周りには自律神経を整えるための組織が集まっています。

急な冷えなどによって肩甲骨周囲の筋肉が硬くなり、血行不良を起こす事で自律神経が乱れてしまい、耳鳴りやめまいなどが起こります。

自律神経の乱れに対しては鍼やお灸などがとても効果的です。

 

肩こりも自律神経の乱れも筋肉が硬くなり、血行不良が原因の1つという事では共通しています。

筋肉が硬くなる原因としては

•冷える

•同じ姿勢が続く

•運動不足

•水分不足

などが関係しています。

 

冷えに対しては肩甲骨の間にカイロを貼るなどで温めてあげるのが効果的です。

 

デスクワークや自宅でくつろぐ時でも、できる限り同じ姿勢が続かないように気を付け、席を外したり適度なストレッチなどを行うと良いでしょう。

 

身体の水分が不足すると筋肉が硬くなります。

極端な例を出すとビーフジャーキーのようになってしまうのです。

目安としては1日に2リットルの水を飲みましょう。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院ではみなさまの症状に合わせて電気治療やマッサージ、鍼灸治療や骨盤矯正などを用いて症状の改善を図ります。

耳鳴りやめまいなどの症状でお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね。

 

岩倉市、江南市のハンズ治療院•整骨院の公式ホームページはこちら

交通事故治療についてはこちら

ファスティングダイエットについてはこちら

 


1 2 3 4 5 11

お問い合わせはこちら

岩倉市ハンズ治療院・整骨院の電話番号:0587-22-6791

▲ ページの一番上に戻る